スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

面を使え。面だ! 

2008年11月25日(火)

「面を使え。面を!」
(スターウォーズの「フォースを使え。フォースを」風に読んでください。)

月曜日滑っていたら、どこかで見かけたことのある方が・・・・。
五竜のスクールの「吉村さん」に出会いました。
2008_11240020_1.jpg
吉村さんはSAJデモの「吉村哲詞さん」のお父さんです。吉村哲詞さんとは一度挨拶をしたくらいですが、お父さんの吉村さんには今までも2回くらい特訓をスクールとは別に受けています。

リフトで一緒になり、初滑りですかから話し始めたのですが、あっという間にスキー技術の話。練習風景を見たれていたようで。
「あれじゃいかん」と言われてしまいました。

後から分かったのですが、奥さんと一緒に滑っているのですが、奥さんに何を言っても聞かないし、話し相手もいないところに僕が見つかったんだろうなあと思ってます。がとりあえず、特訓とはありがたいことです。
大切なことはスキーを滑らせることだ!と言っても、板が滑りたいように滑らせてやる。これが大切なようです。

それまでプルークで板の動きを確認していたのですが、動きばかりに気をとられて、板が滑っていないといわれました。板が滑っていくことにまず重点を置きその後、それをサポートするように動いてやる。これが重要らしい。

なるほど。
それを意識して滑ったらちょっとだけ谷回りがしっかり作れるようになった気がします。

その後も
「内足に遅れないようにターン中は外足を滑らせる」
 乗っている、突っ張っているだけじゃだめだ。
「山回りでは外足をゆるめろ!」
 これが一番重要なようです。しかし、ゆるめるのと脱力は違う。

そして
「面を使え。面を使って滑るんだ!」
 エッジからエッジへの切り替えをしている人が多い(僕を含めて)。
 そのまま、「伸ばし荷重」をすると、エッジを押さえつけてのターンになる。そういう滑りには上下動がみられる。上下に動いてもスキーは全く滑らない。
 また、面ではなくエッジで捉えてしまうと、板の動き(流れ)が止まってしまう。なので、その後動かしていこうと思っても動かず、突っ張るだけの滑りになる人が多い。
 そうならない為には山回りで外足(次の内足)をゆるめて、板の動きに合わせて足、体が動けるようにすることが大切のようです。しかも、板の面(ソール)をゆっくり使っていくように緩める。この緩めるという操作はエッジの角付けを緩める操作と同じですかと聞いたところ、
「エッジを立てる意識があるから、エッジからエッジへと言う滑りになってしまうんだ。面で捉えて、板の動きたい方向を意識しながら面を使って滑る」と言うことらしいのだが、エッジ緩めていく操作なんだろうなと勝手に解釈しました。
面を使うということは何となく分かったのだが、面で捉えるというところが難しかった。
離れていた板が腰下を通り、腰から板が離れて行く結果、重心が内側に入り、足が伸ばされて、そして雪面を捉え、トップから徐々にたわみを作る。
・・・・・???

何度やっても、結果論として伸ばされていくはずが、自分から伸ばしていくために動きが止まり、板のたわみがいきなり「どん」と出来て、さらに動きが止まってしまう。
じゃあ板のなすがままに滑ると、「そりゃベンディングだ。動きがしんどる」
もっと雪面との対話が必要らしい。
この辺から???がかなり増えてきました。

しかし、そんな???の僕を尻目に吉村さんの口と特訓は全く止まらず、その後、奥さんの休憩の為、吉村さんはインターバルをとりながら結局、3部構成で猛特訓を受けてしまいました。

かなり濃いシーズンはじめになってしまった。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

かなり濃かったみたいですね。
頭の中整理しておかないと、混乱しそいうですね

2008.11.25 20:29 URL | M #- [ 編集 ]

いやぁ。帰りのゴンドラの中ですでに?が3つ以上ついてました。
半分くらい忘れているような・・・。

五竜のスクール営業が始まるまでにまた一緒に滑れればよいのだが・・・。

2008.11.25 20:53 URL | いし #- [ 編集 ]

特訓が始まる前に、帰ってよかった・・・・・・・・・

2008.11.25 21:36 URL | たくっぷ #- [ 編集 ]

石川さんによく言う(昨日も言った)、「加速感がなくてクルっと回ってしまう」ってのことに理屈と理論を込めると、吉村さんが言った事になるような気がしないでもないかも・・・・さすがスクールの先生ですか・・

2008.11.25 21:41 URL | たくっぷ #- [ 編集 ]

そうですね。
注意されるところ、気になるところは誰が見てもほぼ同じなんだなあと思いました。

しっかり意識して練習したいと思います。

2008.11.25 22:28 URL | いし #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/978-8ff110d1

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。