スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

鶏が先か?卵が先か? 

2008年11月14日(金)

この時期のスキー場は軽井沢も含めてどこも通常よく言う「廊下」ってやつです。狭いので大回りなんてそんなことは出来ません。廊下と言っても足慣らしにはちょうどこのくらいがいいし。
と思っていたら、面白いことがわかってしまった。
4_20081114192809.jpg
超理想的なターンはこんな丸い弧で滑る事なんだがなかなか難しい。僕もそうなんだがよくあるパターンが山回りが長くて、谷回りが超短いパターン。
よく、ターンの真ん中で切り替えようと言われます。図で赤丸したところです。本当はニュートラルゾーンと言われ、徐々に切り替えていくのがいのですが。ゲレンデが広いと、どのあたりが真ん中なのかよくわかりません。
しかし、この廊下ゲレンデ、それがよくわかります。
のんびりターンに浸っているとゲレンデ中央が迫ってきます。そろそろ切り替えがと思っているうちにゲレンデ外、茶色の地面が見えてきます。
やばい、土の上を滑っちゃうじゃないかとあわててターンし、ほっとしているとまたゲレンデ中央がもう目の前に、もうどたばたです。
いつもは広いゲレンデなのであわてることがないのですが、同じようにあわててターンするから谷回りがなく、谷回りがないので山回りが長い、山回りが長いので谷回りが作れない。
「鶏が先か、卵が先か」
どっちが悪いと言うより、どっちもよくない。

いろいろやっているうちに、フォールラインを過ぎたところ、この図の茶色から緑に変わったところから切り替え始めるくらいのタイミングでやるとちょうど真ん中で切り替えられるようになってきました。
そうすると谷回りが出来始め、谷回りが出来るから次に山回りに入ったとともに切り替えの準備が出来ようになりました。
こいつはなかなかいいんじゃね。

このリズムを体にしみこませて、広いバーンや、急斜面でも出来るかどうか、やってみたいなあ。
3_20081114190523.jpg
ところで、同じようなことが書いてあった。
「2時、10時になったら切り替える」
正確には「エッジを緩める」と書いてありました。
個人的にはもうちょっと早くて「1時、11時になったら切り替える」くらいじゃないと僕のリズムには合わないような感じがしました。


ちなみに、「鶏が先か?卵が先か?」。
正解は卵が先です。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/968-6e2b76f9

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。