スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
今年もやりました。

南松本のアルペンには「スキーサイエンスアドバイザー」なるものがあり、スキーの滑りを測定、解析してくれるものです。
早速その機械のあるコーナーに行くと何と体協のパンフレットが飾ってありました。
おお!
0808160032_2.jpg
これで部員ざくざく増加ですな。

さておき、今はスキーシーズンではないので、このコーナーに人はいない。
近くの店員さんを捕まえて、早速準備。

お店の適当なブーツを履いて、準備万端。
本当は自分のブーツがよいらしいが・・・。
0808160034_20080818203226.jpg0808160036_20080818203158.jpg
そしてこの画面にあるように動きます。簡単に言うとスクワットです。
0808160041_1.jpg
レッツゴー!


とかなり地味です。もっと大きくスクワットしたつもりですが、実際に見ると動きが小さい。
ほんとに分かるかいな?と思える動きです。

そして結果がこちら(昨年の結果
0808160049.jpg
昨年より、脚力が落ちました。と言うより、昨年はまだまだ行けるはずだと言われて数回気合いを入れて行って無理矢理最高値を出した気がします。
ですが、今年は筋トレをしているのでちょっと自信があったのですが脚力変わらずです。ちょっと悲しい。

今年はスキーに詳しい店員さんでなかったので、自己解析を。。。
昨年よりも重心のぶれが少なくなりました。
ただし、荷重ポイントがやはり前目で、外側にあります。もう少し母子球当たりで。。。
左右の差は昨年より小さくなりました。

ちょっとだけ上達した?
それとも機械のコツをつかんだか?

とりあえず、母子球の意識をもう少し持とうと思います。
またチャレンジしようと思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/859-4d045c45

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。