スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
20080810crime.jpg
1985年、群馬県御巣鷹山で起きた「日航機墜落事故」と地元新聞社内の人間模様を描いた作品。ちょうど高校生くらいに起きた事件であり、友人がこの飛行機に乗りそうだったこともあり、鮮明に覚えている。
そんな事件を題材にしていることもあり、かなり映画に入り込んだ。

記者としてのプライド、されど会社の従業員。その当たりの葛藤はいつの時代、どの会社でもあるんだなあと思ってしまった。その点でも面白い。

また、メディアの中でのテレビ、新聞のそれぞれの役割の違いについても、知ることになった。

キャストも名役者揃いでなかなかの迫真の演技であった。
個人的には社長役山崎努はちょっといただけなかった。演技としては最高なのであるが、この映画の重さに対して、社長も少し重めにしても良かったと思う。

この映画はいろんな面で面白かった。

映画では紹介しないが、この事件の速報は機動力と資金力を生かしたフジテレビが勝ち取ったらしい。やるな、フジテレビ。

スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/847-e3fe7c2a

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。