スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

世界の日本人ジョーク集 

2008年05月15日(木)

この前テレビで話していました。


ある豪華客船が航海の最中に沈みだした。船長は乗客たちに速やかに船から脱出して海に飛び込むように、指示しなければならなかった。

船長は、それぞれの外国人乗客にこう言った。
アメリカ人には「飛び込めばあなたは英雄ですよ」
イギリス人には「飛び込めばあなたは紳士です」
イタリア人には「飛び込むと女性にもてますよ」
フランス人には「飛び込まないでください」
日本人には「みんな飛び込んでますよ」

ちなみに
ドイツ人には「飛び込むのがこの船の規則となっています」


なるほど。フランス人があまのじゃくなのかは知りませんが、他の国の国民性はよく示しているかもしれませんね。
確かにみんなが買っているとか人気の商品ですと言われるとそちらを買っちゃいそうです。

このネタはよく調べてみると昨年?一昨年話題になったほんの一節らしい。
20080515.jpg


この本には更にいろんなジョークが載っていてその中にかなりブラックなものもありました。


ある酔狂な大富豪が言った。「もしも青いキリンを私に見せてくれるなら、莫大な賞金を出そう」

それを聞いたそれぞれの国の人たちはこんな行動をとっ た。
イギリス人は、そんな生物が本当にいるのかどうか、徹底的に議論を重ねた。
ドイツ人は、そんな生物が本当にいるのかどうか、図書館へ行って文献を調べた。
アメリカ人は、軍を出動させ、世界中に派遣して探し回った。
日本人は、品種改良の研究を昼夜を問わず重ねて、青いキリンを作った。

中国人は青いペンキを買いにいった。


最後の中国人の話題はかなりブラックです。この本が出版された時は今のような食品問題など騒がれていなかったのに・・・。昔からそう思われていたのか?
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/734-3f134601

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。