スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

すごいな 

2008年04月07日(月)

コピー ~ 20080407

とある雑誌を読んでいたら、ふと目がとまった。どこかで聞いたこと?見たことあるような・・・。

僕がテクを受けたときに前走してくれた人だ!
2月に受けたときはあの見えないバーンでよくあんなに滑れるなあ。それほど大柄じゃないのに滑りが大きく見える。(動画はこちら)
3月はクラウンの前走でした。テク班が整地小回りを横目で見ながら
「はえー。直滑降じゃないの?」とみんなで言っていたのを思い出しました。

スキー歴26年はよいとして、滑走日数100日。さすがです。これにはとうてい及びません。
そして、資格取得歴も1級から全て一回合格。クラウン受験には8年開いていますが、結局一発です。
お言葉は「何でもやって滑りの幅を拡げる」。深い言葉です。
滑走日数100日は達成不可能ですが、地道な練習から派手な練習まで頑張りたいと思います。





が、あの滑りでも合格点ぴったりだと思うと、クラウンってテク以上にそうとう遠くない?と思ってしまった。
また、栂池のスクールの人なのにやっぱり八方で受けるんだとも思ってしまった。
しかも、この日のテクニカルには栂池スキースクール所属であり、元デモであり、僕の滑りに合格点をくれた「猪又一之」が受けていて、テクなのに80が出ていたらしい。
何で今更受けたんだ?と思ってしまった。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/696-31535d8d

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。