スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

やったあ 滑走48日目 

2008年03月23日(日)

20080323.jpg20080323_1.jpg

前日、栂池の主?O蔵さんから情報収集したところ明日の検定員に「松田 富士人さん」が入りそうだと言うことを聞きました。何しろ、点数がかなり辛いらしいです。全種目一点マイナスくらいで考えても良いよと言われ、ちょっと受けるのを迷ったのですが、シーズンも終わっちゃうしと言うことで受けることにしました。


今日は長いですよ。
さっそうと受付をすまし、検定バーンにいって前回ふるわなかった大回りを中心に再確認。と言っても検定バーンはクローズされて綺麗な整地ですが、それ以外はすでにぼこぼこ。
とりあえず、まずは回しすぎないことを意識。と思って滑ったら、ぼこぼこで溝をかわしながら滑ったので、それどころじゃない。ビビリが入ったのでその下の緩斜面で動きだけを確認。外に足を出し、その足が帰ってきて切換を迎える感じがちょっと分かった気が・・・。
もう一度だけ上がって小回り。板の抜けをチェック。しかしこの時期の雪崩れるところと走るところがミックスされかなり難しい。点数を稼ぎたいのに・・・。

としている内に検定開始。
テク97人。クラ50人。ちょっと多すぎない?グラフィックに載った効果か受験者が多いようです。
ですが、ここからが栂池の良いところ、検定員が2班できるので結構早いんです。結局、テクニカル25番までがクラ班と同じ1班。それ以外が2班。ゼッケン「36」だったので、ちょうど良い順番になりそうです。

通常、広報部員の僕は常にカメラなどいろいろ持っているのですが、ちょっと今回は本気モードでウェアにはティッシュしか入れていません。コブで良く当たるんですよね。気になるのが嫌なので・・・。

そして今回は「公開方式」。何だろうと思っていたら滑り終わった後すぐ結果を出すという物なんです。
げげっ。経験したことないし、どうなる事やら。

それでは順番に
○整地大回り
直前に硫安をまき、全員でデラがけ。この時期にこれ以上ないバーンです。
板の性能に任せ、死ぬ気で足を出してみるか?検定員に昨日習った杉浦さんいるし・・・。
後、コースレイアウトもチェック。一ヶ所林道で盛り上がっているところがあるのでそれを避けるコースを選択。

レッツゴー!
思いっきり出した足に圧がかかった。らっきー!帰ってくる板を感じることが出来ました。なんか気持ちよく滑りゴール。振り返ると何と
76
他の受験者から良い滑りだったよと言葉をもらいました。

○不整地小回り
完全コブ斜面です。ラインは3ラインできているようです。一番右端のラインが回しやすそうだと思っていたら、考えることは皆同じでどんどん入るので、クラ班が終わる頃には無事にゴールできなくなる人が増えてきました。これはまずい。
真ん中のラインは途中でリズムが早くなり、そこで後傾になってゴールしている人が多い。
左のラインは無難だが、無難すぎないか?見せ場にかける。
と思っていたらテクはスタートをちょっと下げました。
迷ったあげく、転けてしまっては点数着けようがないと言うことで結局無難な左のラインを選択。

レッツゴー!
死抜きでトップを伏せて、回してやると思って2,3ターン。コブは浅いが全く回せるようなラインがない。無理に回すべきかと滑りながら悩んだあげく、無理に回して、引っかかってもと思ったので、何となく弧を作りながら縦にいってゴール。振り返ると
75
渋い。猪又検定員渋すぎませんか?
と思って、他の受験者の滑りを見る。今回の公開方式の良い点は点数が出る滑りの勉強を出来ること。結局、しっかり弧を出さないと75以上は出ないようです。実はもう1ライン合って、良いバンクラインが出来ていました。そこで弧を見せながら滑っている人に高得点が出てました。でも、バンクライン失敗すると飛ばされます。一か八かという感じで、僕の選択肢もあながち間違いではないのか?

○フリー
整地大回りでよい点数が出たことで、ちょっと調子に。。脚出してやろうじゃないの。
レイアウトは基本?の「大、中、大」。リズム変化で失速しないことだけに注意して、

レッツゴー!
良い感じ、良い感じ。ここで中回り、回転弧のイメージがちょっと作れない、けど上手く入れた。
振り返ると出ていない。しばらく3人で話し合い。
75
なにー!同じように脚出せたのに。リズム変化での迷いがだめだったのか?
ここで77を出した滑りを見る。リズム変化で上手く入ったと言うより、加速してませんか?ここまで来ると77なんだなあと関心。
また、「中、大、中」と言う変わったリズムで滑る人も、結構面白い。

○不整地大回り
南斜面と呼ばれる、通常人が滑らないホントに不整地。斜度も他の検定バーンよりきつく、しかもだんだんきつくなる。テク班が滑る前にデラがけしたようだが、テクが始まるときにはすでにぼこぼこ。
クラ班は1/3が転倒。まあ、スピードが違いますけどね。でも、テク前走もあわや転倒。受験者から「おおおー」と声が上がる。
こんな斜面何がポイントなの?どう滑ればよいのと思いつつ、整地大回りと同じように回しすぎずに足を出していこうと決めました。
コースレイアウトも途中にコブと言うより山になっているところがあったのでそこだけには乗り上げないように考え
レッツゴー!
山はクリア。その後、未確認の丘が。迷ったあげくジャーンプ。着地成功し、そのままゴール。
悩みながら振り返ると
75
よしよし。こんなもんだ。
下から見ていると谷回りがしっかりある人には高得点。回してしまう人、ただ落ちただけの人には出ていないようです。他の受験者の人とと言っても、結構なコブだからそんな余裕無いんだよね。

○中回り
ここですでに13時を回ってます。当然お昼は食べてません。検定会場端に置いたスポーツドリンクのみが糖分補給源です。
中回りの前にも硫安巻きとデラがけ、栂池スキー場なかなか受験者にやさしいです。五竜なら絶対無いなと思いつつ、デラがけ隊は後スタートの人なので、僕は一番綺麗なところを滑らせてもらいました。ここまで加点1。最後はちょっと得意の小回りなので、ここさえ失敗しなければ・・・。

中回りはタメと抜けの早いリズム。先行動作はあまりしないように、足を出す。
レッツゴー。
スピードが乗って良い感じに。と思ったら、硫安でがちがちにかたまったゾーンが。。。
板がちょっと逃げる。やばい!!板の帰りが早く、次のターンが内足ターンに。やってしまった。
けど、何とか合格点くれないかなと思って振り返る。
74

がーん。やってしまった。よく見てるなあ、松田富士人様。
しかし、ここでものすごい中回りを見る。走りと抜け全て良い、迫力もある。何と「78」びっくり。

○整地小回り
やっと来ました、最終種目。お腹も減ったのを通り越して、分からなくなってます。
綺麗なコースがあると思っていたら、みんな滑るので溝コースが出来てしまったので、ちょっと荒れ地を選択。
ここでちょっと悩みが。。。雪が悪くなって板の抜けが悪くなったので最近、山回りで踵押し出しを使うようになってしまっています。これをすると上体が遅れるので抜けた滑りになってしまいます。これは前日も注意されました。と言って、そのままフラットにしただけじゃ、板が走らない。また、このざくざく雪で板が帰ってくるかちょっと不安なところもあり、勝負早め、手頃なターン弧にすることに。
先ほどの中回りの失敗で現在±0。もう失敗はできない。一点足らずに不合格は嫌だ!

レッツゴー!
足を大きく出すこともなく、強烈な走りもないが、荷重を外さない。と思っていたら、がちがちゾーンがいきなり登場。板が走るので慌てて、重心を更にしたにこのスピードアップがどう見られるか?
運命の振り返り。
75
身体の力が抜けました。「やったー!」

数年前まで遠い存在だと思っていたので、驚き半分、練習してそれなりに上達してきたんだなあと思いました。正直、練習ばっかりしているようであまり上手くなってないんじゃないかと思った時期もありました。怒られるかもしれませんが、僕にとってテクは何度受けても受からないものだったので、まぐれかもしれませんが、かなり嬉しいです。

講評より

○猪又 一之 検定員
(大回りより)
切換をエッジの切換にだけで行おうとしている人が多く見られました。ターンのリズムの中で徐々にエッジをゆるめてフラットを作り、徐々にエッジを立てていく。そのような滑りになっている人に点数を出しました。

(不整地小回り)
コントロールが出来ている滑り、いわゆるコブに板が張り付くような操作、ソールが見えないような滑りの中で、動きを止めずに、弧を描いていた方に点数を出しました。

(不整地大回り)
コブに板がたたかれてしまい、ターンのコントロールがうまく行ってない人が多く見られました。上下動の切換ではなく、積極的に次のターン方向に重心移動し、雪面を常に捉えていった方が滑りやすいと思います。

○深沢 祐介 検定員
(小回りより) 
外圧を身体の正面で受けてしまうと、板の動きが止まってしまいます。谷回りから横まででしっかりエッジングし、板の滑らかな動きを表現している人に点数を出しました。

(中回り) 深沢 祐介
皆さんの板はそれぞれRが違うので回転弧に違いが出てきます。中回りでは回転弧の調整能力も問われます。膝でエッジを立てるのではなく、脚全体の内傾角でエッジ角度を調整し、弧を調整した方が良いと思います。

テクは97人受けて9人合格。クラは50人受けて1人合格。
テクは若干合格率良い方か?



今年何度も書きましたが、今回の合格も一番は当然「僕の努力」ですが(笑)、いろいろアドバイスを頂いたクラブ員の存在があってからこそだと思います。直接コメントを頂いたり、1,2級に向けて一生懸命練習したり、検定を受けている姿を見ていると今の状態に甘えちゃいけないなと思いました。その結果が今回の合格につながったと思います。

最後に、次はクラだと杉浦検定員にも言われました。クラはテク以上に簡単に受からないと思いますが、頑張って練習したいと思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

おめでとうございます。さすがですねー。
オイラはまだまだ練習不足でテク険未受験です。お正月休みに受験断念しました(>_<)
今日も練習してきましたが んーて感じ 
今度教えてね~(^o^)/

2008.03.23 20:02 URL | お #- [ 編集 ]

おめでとうございます やりましたね 努力が実りましたね お互いさらにレベルアップしましょう 

2008.03.23 20:23 URL | まつの #- [ 編集 ]

何とか結果を出せてやったーと言うより、ほっとしてます。
でも、まだまだ出来ないことばかりで・・・。
これからもさらに頑張りまーす。みなさんよろしこ。

2008.03.24 19:38 URL | いしかわ #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/680-a35a77b2

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。