スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

なんだったかなあ? 

2008年02月29日(金)

「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」
よく言ったもので,年明けニュー板を履いたときには引っかかる感じがしてかなり打ちのめされました。
ずれ難いので特に急斜面が滑り難い。。。
やすりをもってがりがりエッジを研ぐこと数回。結局変化なし。
チューンショップに持っていった所、滑り込み、ワキシングが足らないと言われ、
この板で検定に望むのか?真剣に悩んだ日々がありましたたが,結局1月中旬以降には絶好調になりました。
最近はちょっとエッジを丸めすぎか?と思っています。

いろんな人から情報を頂いたのですが、サンドイッチの板はそんなもんだ。と言うことみたいです。
ある程度滑り込んで(今回は約8日間)、繊維を切ると言うか柔らかくすると言うか。確かに前回のHEADの板も同じような悩みを抱えた気がします。
となるとHEADはやめた方がいいんじゃない?と思いがちだが、好調になった板は僕にぴったりなのである。

他の人に聞いてもHEADの板はしっとり感があると言われます。ものすごく走るわけでもなく、暴れ馬でもなく、
個人的には癖のない(悪く言うと面白みのない)板です。

結局、現在板は好調であり、スキーの上達は僕の努力しだいってことになりました。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/652-7c008402

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。