スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

あーあ 

2008年02月19日(火)

2005年に夢の医療と言われたES細胞が完成したと韓国の研究者の報告が虚偽だったことは世界に大きな衝撃を与えました。
しかし、こんな話はたくさんあります。

①野口英世
 梅毒、黄熱病、小児まひ、狂犬病などの培養に成功し、これらの病気の根絶に貢献したことになっているが、死後50年後それら成果が偽装されたものあり、現在研究成果は残っていない。
 成果を残すようかなりプレッシャーを掛けられていたと言われている。

②ガリレオ・ガリレイ
 地動説を唱えた有名な天文学者である。地動説は間違いではないが、自分の理論の正しさを普及させるために偽りの報告を繰り返していたことは有名である。

③ニュートン
 万有引力で有名です。彼も有名な万有引力の法則の中でも理屈にあうように報告を変えている。また、ニュートン自身が有名になり地位が高まるにつれて、異論を唱えるものを罰していったことも有名である。

④メンデル
 「遺伝の法則」を発見し、かつ神父と言う科学とまったく関係ない人が発見したことで有名である。しかし、メンデルの発表は都合のよいことだけを書いていたと言うことが後に分かってきた。

どの人もはじめからそうしようと思っていた人はたぶんいない。周りに踊らされたり、プレッシャーを掛けられたり、大変だったんだろうなあ。
それにしても、小さい頃聞いた偉人伝もホントのことを知ると「あーあ」と悲しくなってしまった。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/642-ae11be16

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。