スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
isi.jpg

takao.jpg

丸山貴雄と比べてみよう1(小回り編)?に続き、大回り編を作成しました。右ターンが内倒してしまい”残念な滑り(by 丸山 浩之)”になった映像ですが、それ以外は現状が出せたと思った滑りです。

2枚目:
こちらのターンはかなり苦手らしく、小回り、大回り全てだめ出しを食らっています。いまだなかなか改善できません(頑張ってるんですけどねぇ)。
個人的にこの写真を解析すると、スキーのトップの捉えが出来ていません。そのため、ターンが始まらず、内倒し、エッジを立てることによりターンをしてしまっている”残念な滑りです”。

6-7枚目:
昨年も同様の傾向ですが、ニュートラルが甘いですね。丸山さんと比べ両スキーがフラットになってません。

その後:
内倒してしまっているために、内足に乗り込んでしまい、外足が浮き気味。全く働いてません。板がターンせず(働かず)に、外に逃げてしまっている残念な滑りです。

伝達講習会でSさんから「シーズン後半になりましたが」と挨拶がありましたが、残り少なくなったシーズン、精進します。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/595-1981ce60

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。