スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

春スキー日和 滑走48日目 

2010年04月10日(土)

朝。。。。

(布団の中で)
今日の朝は長いなあ。今日会社に行って何やるんだっけ?
ん?昨日はH部エアロをやったぞ!

もしかして今日は土曜日!

起きて時計を見るとなんと7時。6時に起きる予定だったのに!
今シーズン2回目の寝坊です。

慌てて出発。
暑そうだったのでフリースで滑る準備もしたかったのですが、間に合いません。

スキー場に着いたのは8時20分。近い駐車場は埋まってます。

1004090006.jpg
滑り始めたときにはピステンの跡はわずかしか残ってません。
しかし、まだ平らを保ってます。
思いっきり慌てて滑っておきました。

先週と違い、気温がぐんぐん上がり、春スキーらしくゲレンデが荒れてきました。
これがまた良いんですね。良いポジション、良い動きをしないとなかなかきれいに滑れません。

今年も?深沢元デモが講習をやってました。
同じゲレンデなのにまるで整地のように滑るんですよね。
おかしいなあ。僕も同じように板を履いて、滑っているのに!何であんなに違うんだ!


春スキーと言えばコブ。ほとんどの人はコブに行くので整地は比較的空いています。
僕も行きたかったのですが、先週からの課題を体にしみつけるために涙をのんで整地を滑りました。

《大回り》
1.グニューゲルターンの逆の意識?切り替えで内足が外足になるのを意識しながらターン。
この方が荷重をしていく足場が早くできる気がします。

2.面の意識。
何を今更と言われそうですが、切り替え後、面(壁)を作り、面に対して垂直に荷重する。
1.2.をしかも「ズルズル」って感じでやると良いポジションが作れる気がした。

3.軸を保つ。
最近曲げ荷重になりがちだとよく注意されるので、もう一度基本から戻ってみました。
長い軸を保って、内股関節をたたんでいく。
確かに、内股関節をたたむと同時に外のラインで作っている軸も短くしている気がします。
しっかり軸の意識を持たないと。

4.山回りでの足の動き。
山回りでも動かしすぎると言うことがローテーションの最大の原因だと思われます。
斜行を入れるというイメージでは足が止まりません。
フォールラインを過ぎたところで足の動きを止めます。すると自然に斜行が入るのですが、春の雪でこのスピードは。。。なかなかデンジャラスです。

5.かかとを落とす。
上にあるかかとを下に落とす。春の雪は特に前に行きすぎると、前転しそうだったり、スピードが一気に落ちます。
このイメージはなかなか良いのではないかと思いました。


6.結合!!!
1~5を意識して滑る!といきたいところですが、そう簡単にはいきません。一つ意識すると他が抜けてしまいます。
難しいなあ。

《小回り》
1.弧の動きでテールでなでる。
非常に抽象的ですが、僕の覚え書きみたいなものなのでご勘弁下さい。

横にスライドすると、春の雪に思いっきりたたかれます。
たたかれまいと真っ直ぐ入れるとすごくスピードが出ます。

また動かそうと意識しすぎると山回りで頑張るだけになり、跳ねられてしまいます。

谷回りの早い時点で弧を書くようにテールでなでる。

やっぱむずかしい。


《コブ》
やっぱり入ってしまいました。

それにしても今日はよく講習をしています。
盗み聞きしているとどのグループでも、『バンクライン』の滑りをやってます。

ゆっくり練習すると谷回りでしっかり削れるのですが、実践に近い速度にすると横に出すのが精一杯で削れません。
多分、横に出すタイミングと重心が落ちるタイミングが合ってない。

整地小回りと一緒で板が横に出るときには腰下を通過させる必要がありますが、どうしても体の前を通過してしまっているようです。また、落としすぎると速攻転けます。

ちょっと前まで何かつかんだ気がしたのですが、不得意になってしまった感があります。


まあ、なんだかんだで滑りました。しかも今日は一人だったために滑りすぎてしまい、15時には撤収しました。
今頃もっと滑れば良かったのにとちょっと後悔してますが。。。

そんな日もあるさ!


今日のジム↓↓↓

エアロマニア50 T平IR
超久々の参加です。

ですが、当然最前列です。
完璧にこなす自信がちょっとだけあります。

LOは気持ちよく流れに乗れました。
2リピータ、4リピーターとリピーターが続くところがもう少しアレンジが欲しかったのですが、このコリオは1回目という事なのでまあ、このくらいの何度でもいいかな。

HIのスタートが完成形までの方が難しかった。

「FK、ケットン」

T平イントラで「ケットン」は初めてじゃないか?と驚いたのですが、完成時には別のものになってました。
でも完成形の方が流れに乗りやすい。

通しではこっそりアームスをつけて強度を上げ楽しみました。

スキーの後はこのくらいの強度が良いな。。。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/1537-e1990fff

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。