スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

歌舞伎ターン 

2010年02月16日(火)

志賀高原で、「肩のラインを斜面に合わせる」と言う事を教わりました。
菅平でもニュートラルから谷回りの時に同じようなことをする練習をしました。
志賀高原ではさらに山回りのときにも行う練習をしました。

これにより今まで滑走中になんとなく斜面を見ていただけだったのが、斜面の傾きをしっかり見るようになりました。
今の疑問はこれからもずっと斜面の傾きを見続けないといけないのか?今までかなりフォールラインを見ていて、朝一の整地はイケイケGOGOで落ちていく感じで滑って気持ちよかったのに。

しかも、このすべりは山回りでくの字姿勢(ためポーズ?)がしっかり出て、山側の肩が今までより上がるので、歌舞伎のきめポーズをとっているようで、個人的にはかなりかっこ悪いんじゃないかと思ってます。
kabu.jpg

心配だったので、早速日曜日に他の人に見てもらったんですが、不自然ではない様子。
いいのか?

滑っている分にはこちらの方が滑りやすい。やはり今まで山回りでかなり上体が山にあるようで、板が遠く、外足に荷重をかけ難かったのだが、これを行うようになってから、外足が近くに感じれる。

でもまだかっこ悪いような気がする。。。


そして今日のジム↓↓↓

エアロマニア50 T平IR

今日も最前列。当然ミスは許されません。
しかーし、一度一人だけ地蔵をかましてしまいました。

楽勝だと思って気が抜けてしまいました。

ところで最前列はイントラが近い。
しかし、近すぎて動きは逆に見にくい。ですが、顔がよく見える。

顔を見て思ったのだが、止まることなくスタジオ全体をくまなく見ている。
新しい動きにしっかりついてきているか?
自分の姿が見えなくて何をして良いか分からない人がいないか?

動きが見えない人がいると判断すると中央から少しずれて行ったりしているんです。

すげーな、イントラ。


レップリーボック45 N村トレーナー

毎回思うのだが、何でここまでやらなければならないんだ!
辛すぎる。。。

だがそれを越えたところに爽快さがある。

でも、辛い。。。

今日はおまけの肩トレーニングで一回休んでしまった。
最近は休むこと無かったのに。
肩弱いなあ。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/1482-d81ef444

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。