スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

事前講習1 滑走20日目 

2010年01月16日(土)

1001160001.jpg
事前講習行ってきました。
初めてのクラウン受験班です。

申し込みの時にいろいろ説明がありました。

・昨年までのNBKのSAJ一時会員登録は今年はない。
・指導員を持っていると事前講習を受けなくても良い。

噂は本当でSAJ一時会員登録は出来ないようです。
今年は受験者減るんじゃないかな?
新しいクラブに移れてほっとしてます。

1001160003.jpg
ちなみに明日の検定バーンが出されています。
以前受けた時とほぼ同じかな?
1001160004.jpg
クラウン班12名。テクニカル44名でした。
まあまあの受講者数ではないでしょうか?

クラウン班の講師は猪俣一之デモです。
講習開始の前に大演説会が。。。

・一番のポイントはニュートラルだ!
 正確に出来ていない人が多い
・左右軸を使おう。
 クラウンには上下軸でのターン弧はあり得ない。
・板の抜けを出したい。
 股関節の使い方とテールの使い方が重要だ!

それらが上手くできるようになるとこのように滑れるようです。

難しーーー!

この動画は不整地でいわゆるバンクの滑りになってます。
不整地も断言していて「抜け」を出さなければだめだ!

基本的な「山回りではエッジを緩める」「正確に腰下を通過させる」「曲げ荷重はだめだ」「上下動はだめだ」なんて事はすでに当たり前でそれを前提の上で講習が成り立ってます。

レベル高ー!

予想通り、栂池の事前講習は単なるノルマ達成ではなくしっかり講習が行われます。
なので種目練習と言うより、基本動作の確認です。
受講した甲斐があります。

猪俣デモ曰く
『クラウンは基本動作に戻る。基本動作がしっかり出来るかがポイントだ!』

たくさん課題をもらったし、少し滑りが良くなった?所もあります。
今回は受験しませんが、受験の際には少しでも良い点が出るよう、明日から練習に励みたいと思います。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/1451-9880c9da

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。