スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
kannsenn.jpg
医療系の映画にしてはしっかり作られていました。内容よりもそちらに目がいってしまいました。

よくドラマの手術シーンなどであまりにも無防備でやっているのはあり得ないと常日頃思ってました。
きちんとめがねもしているし、グローブもしているし・・・。

内容的には途中から飛躍していて、妻夫木君にそこまでやる権限があるのか?
この緊急事態で医者も少ないのに海外に行ってみたり、東京から佐久に行ってみたり、好き放題でした。

また、6ヶ月後にワクチンが出来て沈静化しましたという、結局何もすることが出来なかったという結論。
昔の映画の「アウトブレイク」の方が、病気から回復した数名から血清療法を行うという、現実そうできるぎりぎりを行って問題解決して、すっきりした気がします。


最後に壇れいと妻夫木君が恋人関係というのはちょっと無理がないですか?
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/1256-636b5559

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。