スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

ベンディングモーション 

2009年02月26日(木)

帰ってポストをのぞくとT顧問からお手紙が・・・。
ご心配おかけしています。

とりあえず
一日でも早く骨をくっつけます!!!

ありがとうございます。


さあ、今日もコブ王です。
適当にイメトレするんじゃなくてせっかくなので細かくイメトレしようと思います。

今日は中で言われている
「ベンディングモーション」について

<<映像見てのメモ書き>>
・ベンディングの抱え込んで押し出すのとは違う。
・切り替えるときに抱え込むが外の股関節を曲げて行くことを意識する。
・しっかり抱え込むことで重心を内に入れやすくなる。内に入れることにより、スキーがスムーズに動きやすい。
・横から板が入ってくるのを意識する。行けるときには出来るだけ遠くまで板を出て行くのを待ってやると良い。
・自分から動いて圧を板にかけるのではなく、圧がかかってくるのを待つ。
・スキーを常に左右に動かす。
・成長したコブでは圧をもらいやすいので、よりベンディングモーションで滑りやすい。
・ギャップを越えつつ骨盤の向きを変え、圧を受けるポジションを作ったら、ターンの進行方向に向かってスキーを動かす。
・細かいコブは圧を自然にもらう暇がないのでそんな時にはストレッチングで自分から圧を調整しに行くのも有効である。

(整地での練習)
・外スキーの軌道を変えない。トレースすることを心がける。そのためには内股関節をしっかり緩める。
そして、骨盤の向きをターン方向にしっかり向ける。(正対すると言うこと)
・荷重タイミングと方向に注意する。
20090226.jpg

雪面に踏み込むように(外に)荷重するのではなく、進行方向に滑らすように荷重する。

・圧がたまってスキーが帰ってくるところに注意し、板を抱え込む。
・谷回りから、骨盤を動かし続けることを意識する。
コブの中で内足ターン。ストレッチングにならないよう、外力を受けるタイミングで滑ること。


個人的には昨日も書いたが、

・板を外に出せるか
・圧がかかってくるのを待てるか
・突っ張る外股関節をコブに合わせながら緩められるか

この3点が一番難しい気がする。

映像だけ見てると出来そうな気がするんだけどなあ。
スポンサーサイト

コメント一覧

comment list

2009年技術選DVD特典は半端ないよ。

http://www.skinet.jp/tech09/video.html

http://www.skijournal.co.jp/gisen/campaign.html

今年も購入する? コ○ーよろしこ

2009.03.01 20:04 URL | おおともです。 #- [ 編集 ]

Wii fitが当たるといいなぁ。
スキー板でもいいなあ。
とりあえず、早く注文するとDVDがもらえそうだし。

なんか大盤振る舞いですね。

今年も買いますよ。

2009.03.01 20:52 URL | いし #- [ 編集 ]

記事のトップへ













管理者にだけ表示

記事のトップへ

トラックバック

trackback list

トラックバックURL↓
http://shioski.blog101.fc2.com/tb.php/1078-f8da41d6

記事のトップへ

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。