スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

なんだったかなあ? 

2008年02月29日(金)

「喉もと過ぎれば熱さを忘れる」
よく言ったもので,年明けニュー板を履いたときには引っかかる感じがしてかなり打ちのめされました。
ずれ難いので特に急斜面が滑り難い。。。
やすりをもってがりがりエッジを研ぐこと数回。結局変化なし。
チューンショップに持っていった所、滑り込み、ワキシングが足らないと言われ、
この板で検定に望むのか?真剣に悩んだ日々がありましたたが,結局1月中旬以降には絶好調になりました。
最近はちょっとエッジを丸めすぎか?と思っています。

いろんな人から情報を頂いたのですが、サンドイッチの板はそんなもんだ。と言うことみたいです。
ある程度滑り込んで(今回は約8日間)、繊維を切ると言うか柔らかくすると言うか。確かに前回のHEADの板も同じような悩みを抱えた気がします。
となるとHEADはやめた方がいいんじゃない?と思いがちだが、好調になった板は僕にぴったりなのである。

他の人に聞いてもHEADの板はしっとり感があると言われます。ものすごく走るわけでもなく、暴れ馬でもなく、
個人的には癖のない(悪く言うと面白みのない)板です。

結局、現在板は好調であり、スキーの上達は僕の努力しだいってことになりました。
スポンサーサイト

なんでだぁ 

2008年02月28日(木)

今年は寒いですなあ。

車のエアコンの吹き出しってどうしてますか?
寒いときは窓ガラスが凍るもしくは曇らないように窓に熱風を送りますよね。でも、手がかじかんで寒い、さらに足下も寒いんだけど・・・。そんなことありませんか?

たぶん僕の車だけじゃないと思うけど、全方向に風を出すという選択肢はないと思います。
なんでだぁ。
いつも窓・足下を選択して曇りをとり、曇りがとれたら、前・足下。曇り始めたらまた窓・足下。
うぉーーー、いらいらする。

と言うことで早速聞いてみました。


フロントガラスが凍らないよう、エアコンからの暖気を当てつつ、手元も暖められるよう前にも吹き出すような選択が何故ないのでしょうか?
そんなときにはどれを選択すればいいのでしょうか?


この度は、ご愛用車の“エアコンの吹き出し口”の設定に
お好みの選択肢がないとのお話、ご期待にそえず恐縮でございます。

また、せっかくのお問合せにもかかわらず、恐れ入りますが
お勧めの選択肢として、私どもから、ご案内できる情報がございません。
残念なお返事となり、大変申し訳ございません。

なお、弊社では、車両仕様や装備については、車両の性格やラインアップ
その時々の社会の要請や、お客様からいただくご要望などを
参考としながら、検討を重ね、開発や改良に取組んでおります。

最近では特に、品質・機能面などにたいする
お客様のご要望も多様化しており、すべてを製品に具体化することは
従来以上に難しくなってきております。
そのような状況の中、私どもといたしましては、少しでも
皆様に喜んでいただけるお車をお届けすべく
これからも引続き、努力いたす所存です。


ちょっと求めていた回答と違ってしまいました。技術的に何かできない理由があるに違いない。
誰か知っていたら教えてください。

中途半端はだめだ! 

2008年02月27日(水)

気まぐれな運動「かえって太る」
こんなニュースを耳にしました。


 中途半端な運動はダイエットにつながらないどころか、かえって太ってしまう恐れも――。ぐうたらな人には気になる研究結果を、米ローレンス・バークリー国立研究所が専門誌に発表した。
 同研究所のポール・ウィリアムズさんは、数千人の男女の走る習慣と体重を7年以上にわたり追跡した記録を分析した。
 その結果、たくさん走る人(男性で1週間に32キロ以上、女性で同16キロ以上)の場合、走る距離を短くしたときに増える体重は、走る距離を長くしたときに減る体重とほぼ同じだった。
 ところが、1週間に数キロしか走らない人が走るのをやめたときに増える体重は、同じ距離を走っていたときに減る体重を上回っていた。また、走る距離を短くしたときの体重増は、たくさん走る人の4倍に達していた。
 ウィリアムズさんは「運動をやめたときのしっぺ返しは、これまで考えられていたより大きい。米国で肥満が増えている理由の一つかもしれない」と、規則的に継続して運動することを強くすすめている。


僕は基本的にスキー(冬)しか運動しない。最近痩せなくなったなあと思ったらこういう事?困ったなあ。一年通じて運動し続けるのは難しい。全くやらないよりは良いかと思っていたのに。。。困った。

まだまだこれから その1 

2008年02月26日(火)

20080225.jpg

週末は栂池にテクを受けに行きました。
日程が良かったのと、ゲレンデを滑った経験があったので栂池を選択しました。しかし、天候がこんなになるとは思いもよらず。。。
写真は事前講習でお世話になった吉谷先生。始めはちょっとかもくな先生かなっと思ったのですが、なかなか楽しい講習になりました。栂池のブログ担当らしく、僕が登場していました。(ブログはこちら
事前講習でいろいろ言われ、その時点でちょっと合格はないかなと思いました。もともと課題発掘と刺激になればと思っての受験でしたが、かなり為になりました。
ゲレンデは折からの天候で全く見えません。視界は20Mほど。バーンはよく見えず、新雪が積もってぼこぼこ状態。僕なら小回り練習しかしないなと思ったのですが、いきなり大回り。
当然こんな時の大回りは足場も不安定なのでずらして、ずらして。と言ってもずれるんじゃなくてずらす。分かっていても、まだまだずらし方、加減がだめらしい。練習します。
午後からはやっと小回り、と言っても見えないのでほとんど不整地小回りです。ポイントは圧の逃がし方と重心の落とし込み。もうちょっとバーンが見えれば思い切って出来るのですが、その先がコブかなんだか分からない状態では難しいっす。
長文になったので、結果から書きます。事前講習は明日。。。お楽しみに
結果のある写真は何度もカメラを出し入れしたのが効いたのか曇りが取れなくなり、結果の写真が撮れませんでした。残念。。。
結果は不合格。。。


そして、夜通し吹き荒れた天候の中での検定。二班に分かれての検定になりました。事前情報により、栂池は検定員も二班作られるので検定が早くて受験者に優しいことで有名らしい。
朝リフトが動かず、結局始まったのが10時半。途中、O蔵さんに出会い、ウォーミングアップに行こうと誘われたのですが、滑ったのですが普通なら楽しい新雪ですが、検定の前はちょっと邪魔。そんな中で検定が始まりました。
第1種目:整地大回り
バーンは直前に圧雪車で踏んだ3枚バーン。せまくね。当然少しでもコースアウトすると新雪に足が取られ転倒。大雪で足下は全く見えねえ。重心を落とし続けようにも、怖くて無理っす。
結局、あがり症の僕は気が付いたらゴール。記憶にあるのは途中あおられて状態があがったことと動けたかどうか不明なこと。。。。

2種目目:整地中回り
みんなで、ここ整地じゃないよね。一班目のクラウン班が滑った後なのでバーンはもうぼろぼろ。しかもスタートして10M以降は全く見えん。いつも中回りは身体から行きやすいのでそうならないように注意。と思っても滑りはじめたらそんなことが考えられないような荒れたバーン。最後は完全に外脚浮いたな、と思いました。

3種目目:不整地大回り
先ほどの大回りでの挽回をするため、あおられないようにとしっかり脚を動かしていくことをポイントに滑走。途中、落ちているところがあったが何とかクリア。
やったーと思いつつ、このくらい行けるんならもっと縦に行けば良かったと後悔、もう遅い。。。

4種目目:整地小回り
先ほど中回りのバーンですが、先ほどより荒れて絶対不整地。しっかり動かしたかったのですが、見えないぼこぼこの状態で動きがなんかぎこちないままゴール。かなり不満。

5種目目:フリー
よーし、ここまで来たあと一息だ頑張るぞ!前走後、途中ジャンプ台になっているから注意してねのコメント。みんなでどこだよ、ジャンプ台になっている所って。全く見えん。
動くことを念頭にスタート。3ターン目。雪面があがってくる。前荷重がだんだん大きくなりやばいと思った瞬間。
「かちん、かちん」と音を立ててビンディングが外れました。しばらくして、転倒したんだ。と気が付きました。がっくし。まさか転倒とは。。。

6種目目:不整地小回り
先ほどの転倒の影響を引きずりながら検定バーンに。何度も書くが不整地ってより、見えねえじゃん。と言いつつ気の弱い僕はきれた滑りも出来ずに普通に滑走。ただ、前日の講習から荒れたバーンは特に側圧を求めるように滑ると安定する。最近の言い方だと丸山貴雄のバンクマジックだ!と言われたので、それっぽく滑ってみる。本当に安定したのか、きちんと出来ているかどうか分からないままゴール。

そして講評
検定員一班目
この荒れたバーンでも懸命にトップから入ろうとして前傾が過多になった方は圧を一度に受け、板の動きが止まってしまっている人が多かった。多少踵よりで板の動きを出した方が良かったと思います。

検定員二班目
切り換え時に重心が山側に残ったまま次のターンに入ろうとする方が多く見えました。また、エッジが外れていないのに重心を落とそうという人も見えました。脚の動きを大切にしてください。

いつも思うのだが、検定の前に言ってくれ!!
結局結果は
整地大回り:74
不整地大回り:75
整地小回り:76
不整地小回り:76
整地中回り:75
フリー:72

やっぱり転倒したフリーはそんなもんだ。驚いたのは失敗した中回りが意外と良かったことと。小回り系が良かったこと。昨年から小回りを一生懸命練習してたので、効果が出たかな?と思ってます。しかも加点をもらいました。
大回り系は落ち着いた不整地は良かったもののそうでない整地はだめでした。結局まだ自動化が出来ていない、つまり滑り込みが足らないって事です。

今回目標にしてた、技術向上の刺激になりました。とことん、まだまだだなって感じです。でも、以前テクを受けたときより、これが出来ない、あれが出来ないと言うところが自分なりに分かってきたかなと思っています。
さあ、来週も練習、練習!

おめでとう 

2008年02月24日(日)

本日10時頃吉報が届きました。

今年準指導員に挑戦していた川上さんから合格の連絡が届きました。
おめでとう!
日頃の練習の成果が出たことだと思います。

特に今週末は悪天候で大変だったと思います。
僕も負けずにいろいろ頑張っていきたいと思います。

受かってしまえば 

2008年02月22日(金)

いやー、受かってしまえば何でも言える。
今回の試験で一番気にしていたのが、実技での転倒。
滑りの要素を気にしてない訳ではないが、微妙なすべりは検定員の裁量に任されるが、転倒してしまっては検定員もどうしようも点数がつけられない。それに注意していました。

次に学科。準指と比べ範囲が広い。試験の中で一番初めに行われ、ダメだとその後の実技でがんばっても単位合格があっても、正指合格はない。特に長野県は学科を落とすケースが多いらしく、養成講習会の中でも
「お願いだから勉強してくれ」と言ってました。
でも、休日は滑りに行くし、滑って帰ってからは眠くて勉強にならない・・・。らい日々が続きました。
ですが、最近はかなりやさしくなっていてSAJのHPに「指導員養成カリキュラム」と言って、予想問題らしきものが出ます。
これを勉強していれば大丈夫と言われています。しかし、この指導員養成カリキュラムには実際の試験の2倍以上の問題が載っていて、さらに解答が不明、どう答えてよいものか分からないものがあります。

とりあえず、僕はまず始めに、戦いは敵を知ってからだ!と言うことで教程が変わった2004年からの過去問、指導員養成カリキュラムの解析をしました。
分かったことは
1、「指導員養成カリキュラム」から実際に8割問題が出ている。
2、2年連続同じところから問題は出ない。

これに基づき、あんちょこ(安直)を作成し、これだけを信じて勉強しました。
これだけで望みたかったのですが、最後不安になり問題集に2回目を通しました。
これが実際の問題。
2008_1_0001.jpg2008_2_0001.jpg2008_3_0001.jpg2008_4_0001.jpg2008_5_0001.jpg2008_6_0001.jpg>


結果は、。。。。。合格したので的中です。
問題用紙を開いたと同時にガッツポーズ。想定していたように2割分(2問)は全く分からずに、適当に書きました。覚えていないものは考えても出ないし、他が書けたので大丈夫と思いました。そして、準指と同様退席可能と同時に一番に席を立ちました。

たぶん同じ資料を使って勉強したT君も楽勝だと思っていたら、しばらくしてから会場から出てきて
「いやー、まずい。外したねえ。自身もって書けたところが少ない。」
えーっ。そんなことはないだろう?
「最後の小論は完璧に埋めたけど」
さすがT君職業柄?文章は得意なんだろうなあ。僕は一番時間がかかって、しかも2/3しか埋めていない。

T君は結局発表までかなりどきどきだったらしいが、結果は当然合格。
結果よければ全てよし。

受かってしまえば、「正指の学科なんて楽勝--!簡単!」なんて何でも言える。

運が良かったのか。。。 

2008年02月21日(木)

SAJのHPに指導員検定会の全会場の結果がアップされています。
(詳しくはこちら
各会場何人受けての合格者か分からないが、甲信越ブロックの第三会場(上越国際)はかなり厳しかったんじゃないかなと思います。
指導員研修会の指導員を受ける班、養成講習会で同じ班だった人の数名しか名前がありません。もしかしたら受けなかったかもしれませんが・・・。
検定の週は日本海側は大雪で上越国際は大変なことになっているという噂を聞きましたが、検定結果も大変なことになっているのではないかと思います。

受かってしまえばこっちのもんですが、もし第三会場で受けていたら受かったかな?とちょっと思ってしまいました。

常に挑戦! 

2008年02月20日(水)

今週末はひさびさに「テクニカル」を受けに行ってきます。
まだまだ受かるレベルまでは遠いと思いますが、皆さんから
・うまくなりたいと思って練習するより、明確な目標(例えばテク合格)を持ったほうが上達は早い。
・うまくなったら受けようと思っているといつになっても受けれないよ。受けようと思ったら受けなきゃ。
と言われ、決心しました。

ここで受けて点数が出れば、後半戦に入ったスキーシーズンの中で点数が悪かったものに対して重点的に練習したりいろいろ出来るかなと思います。

皆さんもどうですか?テクとか、準指に挑戦。。。。
準指受験はそんなものではないと言われそうですが、僕が準指受験を決意したのはある人の
「このままでは上手くならない。スキーヤーには2種類いてガンガン滑っているうちに上手くなる人。基礎からしっかり勉強して上手くなる人。ほとんどは基礎をやらないと上手くならない。基礎をやるなら準指を受けないと勉強できない。」
と言う言葉。一番は「上手くならない」と言われたのがショックでした。
スクールに入ろうと思ったときも同じようなことを言われた気がする。

結局準指を受け、合格したのですが、はっきり言ってこの時は検定種目をこなしただけ。基礎が身についたかといわれると全く分からない状態でした。ですが、それから数年、準指でこなしていた事が、少しずつですが、分かってきたかな?と思います。
分かってるんだったらやれ!と言われそうですが、そこがスキーの難しいところ、なかなか表現ができません。ですが、最近こけるのが少なくなってきたので着実に上達してきたかと思います。

1級まではがんばるがそこで止まってしまう人が多いと思います。
1級以上にあるプライズ、指導系はレベル的にかけ離れていますが、受からないものではないと思います。
T顧問に言われた言葉で印象的なものがあります。
「年をとったからダメだと言うのは自分で勝手にあきらめているだけ。スキーは特に体力系ではなく技術系のスポーツ。必ず上達はする。」
騙されているかもしれませんが、この言葉を旨に今週末も練習に励みたいと思います。

あーあ 

2008年02月19日(火)

2005年に夢の医療と言われたES細胞が完成したと韓国の研究者の報告が虚偽だったことは世界に大きな衝撃を与えました。
しかし、こんな話はたくさんあります。

①野口英世
 梅毒、黄熱病、小児まひ、狂犬病などの培養に成功し、これらの病気の根絶に貢献したことになっているが、死後50年後それら成果が偽装されたものあり、現在研究成果は残っていない。
 成果を残すようかなりプレッシャーを掛けられていたと言われている。

②ガリレオ・ガリレイ
 地動説を唱えた有名な天文学者である。地動説は間違いではないが、自分の理論の正しさを普及させるために偽りの報告を繰り返していたことは有名である。

③ニュートン
 万有引力で有名です。彼も有名な万有引力の法則の中でも理屈にあうように報告を変えている。また、ニュートン自身が有名になり地位が高まるにつれて、異論を唱えるものを罰していったことも有名である。

④メンデル
 「遺伝の法則」を発見し、かつ神父と言う科学とまったく関係ない人が発見したことで有名である。しかし、メンデルの発表は都合のよいことだけを書いていたと言うことが後に分かってきた。

どの人もはじめからそうしようと思っていた人はたぶんいない。周りに踊らされたり、プレッシャーを掛けられたり、大変だったんだろうなあ。
それにしても、小さい頃聞いた偉人伝もホントのことを知ると「あーあ」と悲しくなってしまった。

ブリオ丼 

2008年02月18日(月)

20080218_1.jpg

検定会には前日入りしました。
変更になったBib(受験番号)を確認していると、同じ受験者(通称みどり姉さん)に話しかけられました。聞いていると、圧雪の掛け方、ローテーションなどいろんな情報を持っていました。そんなに知っているならと思い、お昼はどこがおいしいか聞いてみました。
朴の木平に来たならブリオの「ブリオ丼」!でしょう。と言われました。

前回下見の時に入ったロッジこと○きはちょっとひどかった。ラーメンの麺はあまり湯がかれて無く、一部くっついていました。
このスキー場のレベルはそんなものなのかどうかこのブリオ丼にかかっていると言っても過言ではない。

さてこのブリオ丼話を聞くと肉を大量のニンニクで炒めたどんぶりらしい。。。。
20080218.jpg

行ってみて驚いた。まず1300円と高い。相談した結果、二度と来ないかもしれないし、紹介されたから食べようと言うことに決まりました。
きてビックリ、写真のように味噌汁の代わりにミニうどんと見た目からかなりボリュームがあります。そして、食べてみるとかなり美味い。これはお勧めです。
ですが、ニンニクはかなりきいているので食べるときは全員でこれを食べることを進める。また、ボリュームがかなりあるので女性には辛いかもしれない。

食べるものも食べたし、明日からの検定に向けて滑るぞ!と思ったらなぜだか気合いが入らない。眠い。。。
ブリオ丼のボリュームに負けたというか、ニンニクや味の濃さに僕の頑丈な胃が負けたというか。。。
学科の勉強をしなければと言って14時にはあがりました。本当は気合いが入らないのでケガしそうでちょっと怖かった。

朴の木平に行ったらブリオ丼。お勧めです。
20080217.jpg

正指導員何とか合格することが出来ました。

皆さんの指導、温かい激励により合格することが出来ました。ありがとうございました。
合格発表の後すぐT君からこれで終わりじゃなく、単なる通過点だからと言われました。
確かにそうです。合格したことは当然嬉しいですが、これからも練習に励んで技術の向上を目指したいと思います。


SAJ 畑田主任検定員 講評より
第4会場(朴の木平スキー場)
 合格率 69.4% 109/154
  (参考:第3会場 上越国際スキー場 合格率:61%)

各単位合格率
A単位:80%
B単位:73.5%
C単位:84.3%
D単位:99.2%

検定終了 

2008年02月16日(土)

20080216185950
検定終了しました。もう頑張ってもどうしようもないので一緒になった皆さんと乾杯です。
いぇーい。
明日の10時には結果が。

いっぱいいっぱい 

2008年02月14日(木)

20080214201740
明日の学科試験に向けて勉強中。たっくん死にそうです。
寝坊しない程度に頑張ります。
でも10時からは「鹿男あおによし」を見る予定らしい。

おめでとう♪ 

2008年02月14日(木)

20080213.jpg

佐藤さんから2級合格の吉報が届きました。
おめでとう!!
日頃の練習の成果が出たことだと思います。

皆さんも、僕も佐藤さんに続け!!

ちょっとはやすぎね 

2008年02月13日(水)

ついに来てしまいました。
「指導員検定会」

実際の検定は金曜日からですが、金曜日の朝9時までに受け付けを終了しなければならないので、前泊します。前泊するなら滑っちゃおう!と言うことで明日から向かうことにしました。

いやー。試験なんてまだまだと思っていたらあっという間に来てしまいました。今年は11月から滑れたので、滑走日数だけは他のシーズンより稼ぐことが出来ました。後はその成果を検定員の人が認めてくれるかどうか。あがり症の僕はどこまで実力が発揮できるかどうか。

日曜日の午前中には今シーズンの結果が出てしまいます。良い報告が出来ればよいのだが・・・。

いってきまーす!

腰バンド2 

2008年02月12日(火)

以前腰バンドを紹介しました(以前の記事はこちら)。
その影響か今回の合宿で付けている人が多いこと。無理をするより、これを付けてずっと楽しく滑れる方が良い!絶対に効果がある。
と自負していたら、意外と皆さんから効果があるか分からん?と言われてしまいました。

ちょっと話して分かったのが、巻き方が間違っている。基本的に腰骨周辺のサポートなので腰骨を押さえるように巻くのが基本です。僕は一度腰痛になって立てなくなり、コルセットの正しい巻き方を医者に習ってきました。
ところが、以前の記事に載せた写真も、ウエストに巻いてしまっている。これじゃ腹巻きだ!何もしないより良いけど・・・。

腰バンドは6000円くらいで一日券よりちょっと高いけど、痛くなってシーズンを棒に振るよりは・・・。
お勧めです。

あっちいなあ 滑走35日目 

2008年02月11日(月)

20080211.jpg

昨日は天気予報を外されたが、今日は天気予報通りの快晴。
朝は放射冷却で寒かったものの、日が出てからは暑いのなんのって。フリースを着たことを後悔しました。当然お昼はネギトロ丼。良いメニューが出来た。ゲレ食って基本的に身体が温まるものしかないんだよね。これが出来るまではかなり困ってました。ホントは冷やし中華が欲しいところですが・・・。

昨日の帰り道の渋滞から予想はしていたが、最終日なのにゲレンデは空き気味。やはり結構帰ってしまったようです。昨日は大回りなんて怖くて出来なかったものの、今日は楽勝。と思っていたら、あちらこちらで衝突事故が、油断禁物ですな。

今日はいろんな人に会いました。特に子連れで来ていたNさんには驚きました。肩車をしてコスモフォーを普通に大回り、今までいろんな人を見たけど、最高のパフォーマンスでした。

今日は指導員検定会前の五竜での最終練習。一通り種目で注意しないと行けない点をチェックしました。
僕はかなりあがり症なんです。準指の時にはスタートラインに立ったところまでは覚えていますが、気がつくとゴール。何をして滑ってきたのか忘れてしまってました。
正指は大丈夫だよ、リラックスできると言われますが、たぶん僕はまっ白になりそうです。そんなときに一点だけでも思い出せれば・・・。

頑張ってきます!!

人たくさん 滑走34日目 

2008年02月10日(日)

20080210.jpg
昨日噂を聞いていたが、ものすごい人でした。
朝は空いていたものの10時くらいから徐々に11時くらいには各リフトとも行列が出来てました。
一ヶ所、スカイフォーリフトの更に上に行くリフトが空いていたのでこれはラッキーと思っていたのですが、人工降雪機で蒔いてあるところが、がちがちのアイスバーン。知っていて入ったのですが、それでも足払いを受けてしまいました。まだまだ修行が足りない様です。やっぱり空いているリフトには訳が・・・。
2時に休憩をしたのですが、レストハウスはいっぱい。座るところの確保をひさびさにしました。まあ連休だし、しょうがないですね。

明日も滑る予定ですが、帰りは大渋滞なんだろうなあ。と思っていたらすでに渋滞が始まっているようです。明日帰るより意外と今日帰るのかな?そうだとうれしい。
20080210_2.jpg
20080209.jpg

いよいよ検定会が来週に迫ってきました。と言うことで、今週は予定通り下見に・・・。

安房トンネルを抜けて高山までにあるスキー場です。塩尻から1時間半くらいでした。8時前に着いたのに駐車場は結構一杯になってました。連休前だからそれとも、人気があるスキー場なのか・・・。
すでに周りでは準備している人がどうやらファミリー層に人気があるようです。それにしても五竜などとちょっと雰囲気が違う。ウェアも古く板も古い。1/3は昔の真っ直ぐな板を履いていました。信じられん。
実際にゲレンデも白馬エリアのようにガンガン滑ると言うよりは緩斜面を楽しく滑る人が多かったです。最近のSAJが目指す「楽しいスキー」というのはこんな感じなのかな?と思いました。

まあ、そんなこと言っている場合ではなく、検定バーンを確認してきました。整地の大回りを行うバーンは現在未圧雪で不整地になってました。ここは多少急で短い。6回転以上と規制のある大回りではそのコントロールが試されそうです。不整地はほとんど成長していなく、滑りやすそうでした。
なんて確認はあっという間に終了し、検定を想定して滑り込むこともあっという間に終わってしまいました。下部のファミリーゲレンデは混んでますが、上部のゲレンデはなぜだか空いています。
最後にせっかくだから、他のコースも滑りましたが、ちょっと物足りないゲレンデでした。急斜面があるわけでなく、ロングコースがあるわけでなく、ものすごいコブのコースがあるわけではなく。。。

お昼は「ロッジことぶき」で食べました。前もって調査していたわけではなく、たまたま入っただけです。ですがここのメニューの「牛ちゃん」2人前はすごい。ちょうど注文している人がいました。簡単に言うとモツ煮ですが、2人前になるとカセットコンロと鍋が渡され、自分のテーブルでじっくり煮込むものになります。かなり思い切ったメニューです。僕はモツ嫌いなので挑戦できませんが、是非!!

試乗会 

2008年02月08日(金)

20080207_3.jpg

アルペンの試乗会の情報が届きました。(詳しくはこちら)
しかも、五竜で開催されます。

日程:2008年2月23日(土)、24日(日)
会場:白馬五竜スキー場 いいもりゲレンデ
メーカー:HART、OGASAKA SKI、SALOMON、ELAN、HEAD、FISCHER、NORDICA、ATOMIC、VOLKL、K2
時間:午前9:00~午後3時まで
人数:先着150名
※電話での予約が事前に必要です。[アルペン 松本店 0263-85-5701]


そうか、そんな季節になってしまったのか?
個人的にはELAN,K2を見てみたい。なぜなら?それは安いから。
HEADは変わらないだろうなあ。デザインも地味で・・・。

誰かお勧めの板ってあります?

ほうのき平スキー場 

2008年02月07日(木)

20080207_1.jpg20080207_2.jpg


2月9日(土)は「ほうのき平スキー場」に行ってきます。
いよいよ再来週に迫った指導員検定会会場です。行かなくても良いかなと思っていたらT顧問から
「リフトの乗り継ぎ、トイレの位置など確認しておいた方が良い」
と言われたので、一番空いてそうな連休の初日に行ってきます。

しかも先日、すでに検定バーンはここですと言う郵便が来ました。ここまで分かっているので重点的に見てきます。

と言っても初めてのスキー場でしかもたぶん二度と行かない可能性もあるので十分堪能してくるつもりです。一般的にはマイナーなスキー場のように思えますが、指導員検定会が頻繁に行われ、基礎スキー界では有名なスキー場らしい。

ちなみにほうのき平は「朴の木平」と書き、一見して読めません。一発で読めた人は漢字検定を受けよう!!そのためか最近スキー場名を「飛騨ほうのき平スキー場」としているようです。

冷凍食品 

2008年02月06日(水)

20080206.jpg

スーパーに買い物に行きました。
最近の話題と言えば、餃子事件。はたしてどうなってるかな?

「冷凍食品4割引セール」
をやってました。もっと安いスーパーなら5割引もあるかもしれません。
やったー。ラッキー! しかも山積み。特に餃子はほとんどの人が手を付けていない。今はかなりチェックが厳しいので、今こそ安全!!
と思っていたら、昨日更に別の農薬が見つかったようです。

当分セールが続きそうです。

模倣犯が出なければいいのだが・・・。

それにしてもなぜCOOPが多いんだろう?ミートホープもそうだった気が・・・。大変だなあ。

合宿の帰り道 

2008年02月05日(火)

合宿が終わり、せっかくだからと3時過ぎまで滑って菅平インターから高速道路を使って帰りました。
高速までの道は雪がしっかり積もってましたが、凍っているわけでないので安全に走れました。高速もちょっと積もってるけど大丈夫。。。。
と思っていたら更埴出口当たりで渋滞しはじめました。なんだと思ったらチェーン規制のために一台一台停めてタイヤをチェックしている様子。
普通タイヤチェックと言っても松本ナンバーなら素通りなのに今回は一時停止させられました。
まあ、そんな渋滞もあっという間に通り過ぎここからは快調と思っていたら、またのろのろ運転に・・・。
どうやら事故らしい。トンネル中の壁が右に左に壊れていてその先に車が・・・。結構大破してました。南無ーーーー。僕も気を付けなければ。
渋滞が終わりまた快調に走っていたらこの先事故の表示が。また同じようにトンネル内での事故。
と思っていたら、同情していたMさんの携帯に松本広域消防災害メーリングリストから情報が。。。そんな便利なメーリングリストがあるんだ。
(詳しくはこちら)
メール情報によると16:38から更埴から豊科まで通行止めになったようです。
もしかしてギリギリ?後一本滑っていたら、下道で帰らなくてはいけなかった。助かった。。。

パインビークゲレンデ 

2008年02月04日(月)

20080204.jpg

合宿2日目は「パインビークゲレンデ」に行きました。大松ゲレンデとも呼ばれているところです。
菅平から見て反対の山に広がるゲレンデで、見た目にも良いコースがありそうでした。たぶん人はそんなにいないだろうと思っていったのですが、大会をやっていたりして、結構競技系の人が多かった。朝はホントに人が少なくて、こんな良いゲレンデなのにもったいないと思っていましたが、お昼過ぎになるとそこそこ混んできました。
滑るにはとても良いゲレンデですが、問題はトイレ。スキーセンターもなく、周りの食堂に頼るしかないのですが
「休憩、トイレのみのお客さんお断り」
など書いてあるところもあり、困ってしまいます。結局そう書いていない食堂のトイレを借りましたが、ちょっとねえ。
上高地のトイレなどは有料だが、基本的にはトイレは無料だという日本の常識がおかしいのか・・・。

2月合宿(in菅平) 滑走31,32日目 

2008年02月03日(日)

20080203.jpg20080203_1.jpg

久しぶりの菅平。しかもトップシーズンは初めてでした。
思っていたほど寒くもなく、アイスバーンも少なめでしたが、修学旅行生の多さにはちょっと驚きました。菅平に詳しい○木さんに聞いたところ、今日は風もなく、暖かくて非常にまれな日だと言うことですが、印象がよいスキー場になりました。

ちなみにこの写真は昼食を取ったコロッケ屋「ちょっと屋」。日の出ゲレンデから歩いて5分です。
以前食べて大変良かったので、今回昼食をここでとることが個人的な今回の合宿の目的の一つでした。
お店は余り大きくないので、クラブ員で完全貸切になってしまいました。たぶん皆さん満足していただけたかと思います。食べ終わる頃にはゲレンデから離れていてしかも見にくいところにあるはずなのに、外には行列が。やっぱり人気店なんだ!
今回参加した方も、参加できなかった方も宣伝してくれとは言われていないですが、是非食べに行ってください。

みやまそば 

2008年02月01日(金)

今までそばを上手いと思って食べたことがない。本当にそばって美味いのだろうか?戸隠神社近くの有名店?「うずら屋」に30分並んで食べたが、そばはやっぱりそばでしょせんそんなもんである。新そばだと風味?香り?が良くておいしいと言うが、僕はよく分からない。そばのおいしさって結局つゆのおいしさじゃないか?
ところが、たまの出張の時に県外でそばを食べたら美味くない。今までレベルが高いものしか食べてなかったんだなあと痛感しました。
松本平ではあそこが美味い、ここが美味いといろいろ言われています。そこに参戦しようとしているわけではありません。

美ヶ原温泉に「みやまそば」と言うお店があります。かなり人気で開店前には行列が出来、12時過ぎには必ず売り切れになるようです。そばと言っているわりにはラーメンも出しています。相席になったおっちゃんにここは美味いねえと言われ、「そうですね」と回答しておいたが、きわめて普通のそばでした。
しかし、しばらくお店にいて驚いたのはほとんどの人が「セット!」と注文していること。何でそんなのに驚くかというとメニューにはそんなものはないのだ!なのにみんな「セット!」「セット!」「セット!」。どうやらセットとはざるそば、ラーメン二つを注文することらしい。
お店の常識を知らなかった僕はざるそばのみ。知っていたはずのうちの嫁は「鴨なんばん」。二人だけ周りと違うものを食べていました。

次回はセットを食べよう。
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。