スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

新雪特訓 滑走15日目 

2007年12月31日(月)

20071231.jpg

今年の大晦日は何と「大雪警報!」。期待に胸を躍らせつつ、安全運転でスキー場へ向かいました。
それを狙ってか、早朝スキーから来たKさんは何と3時半起床!気合いが違います。
視界が10Mあるくらいの猛烈な雪。滑っても滑ってもどんどん積もっていきます。ゲレンデ下部で50センチ。アルプス平では80センチ。ちょっと重めの新雪でしたが、堪能することが出来ました。。。。
となるところですが、今回の寒波はかなり強く、ほぼ全面新雪バーン。滑っても滑っても新雪。こうなると堪能と言うより、「新雪特訓」。いろんな斜度で練習を積むことが出来ました。太ももがぱんぱんになりつつも、かなり軽快に滑れるようになったかなと思います。ですが調子に乗っていると、雪が引っかかり、数回大前転してしまいました。
疲れて帰ろうと思ったときには車がこんな状態。30センチくらい新しく積もってました。
明日も期待できそうです。。。でも、整地が恋しい。。。

それでは皆さん良いお年を・・・・。
20071231_1.jpg
スポンサーサイト
20071230.jpg

昨日から始まっていた、早朝。一日遅れで滑ってきました。
滑りはじめると昨日のコンディションが。。。カチカチのバーンに10センチ積もった新雪。滑りにくいです。ワックスをかけたばかりなので、滑ることには滑るのですが・・・。柔らかそうで、踏み込むと「がーん」「ごりっ」。結構大変です。でも早朝は足慣らしにちょうど良い。
と思っていたらS君から電話が・・・。ゴーグルを忘れたらしい。先日T君から借りていたゴーグルがあったので、そのまま又貸しをしてしまいました。余分のゴーグルって結構重要。
 そうしている内にクラブ員が集まり、ゴンドラで上部へ。こっちは良いだろう、と思っていたらやっぱり同じ。しかも、コブの上にそーっと新雪が乗っているところもあり、いろんな意味でハードでした。その後も滑った後のトラックが深く残り、視界の悪い中板が走ったり止まったり、かなり疲れました。
 ご飯を食べた後にもう一度あがってみたました。強風でリフトが先ほどまで止まっていて動き始めた所。と言うことは、また新雪三昧。また、午前中と同じか?と思っていたら、次は下地がしっかり出来ていたので、面白いのなんのって。。。たまらん。
 しかし、ニュースでも言っていたように「大寒波襲来」、かなり寒いです。グローブの指が通っていない先が凍り、指サックを付けているような感じになりました。ストックのヒモもリフトに乗っているときに外してたりするとそのまま凍ってしまいました。

 帰るときもガンガン降ってました。明日も期待できそうです。
(でも降りすぎると視界が・・・)

あ-あ 

2007年12月29日(土)

そんな寒い年でもあるのだがシーズン中の雨。
まさか一番雪が降りやすい年末年始にあるとは・・・。昨日1時過ぎまでいろんな天気予報を見て悩んでいたのだが、どう見ても今日は一日中雨。先ほど起きたときも豊科は雨と言うことであえなく断念しました。
今日から早朝スタートなのに・・・。

と思ったらT君から、電話が・・・。
「駐車場に車がないよ。五竜たぶん上まで雨っぽい。」
おっ。行ったんだ。。。でもやっぱり予想通りの雨。

明日からは”大寒波”が来ると言っているのでそれに賭けよう。でも、降りすぎも困るんだけどね。

僕の目は何故? 

2007年12月28日(金)

僕の目が悪いのは布団の中で読んだ本ではない?

僕の視力は悪い。コンタクトは手放せない存在になっている。
小学,中学の途中までは視力検査の0.1の大きなCの字が見えなくなることなんてありえないと思ってました。
ところが、中2ぐらいに推理小説にはまり、寝る前、布団の中でも読み始めてからと言うもの見る見るうちに視力が下がり、0.1なんて程遠い視力になってしまいました。
暗いところで本を読んでいると、視力が下がると当然の様に思っていたら先日センセーショナルなニュースが
暗い所で本「目悪くなる」 医学的根拠ない

本当?だったら僕の目はどうして悪くなったんだ?
それ以外にも6つの逸話が否定されている。「七面鳥を食べると眠くなる」と言うのは始めて聞いたが,それ以外は昔から聞いたことがある。
驚いたのはそんな逸話が外国でも同じように言われていたと言うこと。

○一日にコップ8杯以上水を飲んだ方が良い。
普通の食事で十分。確かに飲みすぎは良くない。しかし、ミスユニバースやCanCanモデルに秘訣を効くと皆さん「多めの水を飲んでます」と答えます。やっぱり飲んだ方が良くない?

○私たちは脳のわずか10%しか使用していない。
アインシュタインが言ったことになっているが、そんなものは記録に残ってないらしい。松尾芭蕉が松島(宮城県)に言ったときに「松島や ああ松島や 松島や」と呼んだと言われているが、これも全くの偽りで実は地元の観光協会の人が作成したらしい。これと同じように誰かがそうしてしまったらしい。
実は脳のほとんどが利用されている。10%しか使ってなければ、脳挫傷などで多少障害が起きても問題がないはずだと言っている。確かに。。。

○毛をカミソリで剃ると濃くなる
実際シェービングが発毛に効果があるか研究した人がいるらしい。結論としてはない。切り口の問題でそう見えるだけらしい。

○暗いところで本を読むと目が悪くなる
「薄暗いところでも本を読む」=「目を休める時間が短くなる」と言うことがと薄暗いところで読むと見にくいので本を目に近づけた結果、目の成長と屈折障害によるものらしい。帰って明るすぎる光も目に良くないらしい。

○七面鳥を食べると眠くなる
アミノ酸のトリプトファンが眠気を引き起こすと言われているが、トリプトファンは豚肉などの方が多く含まれている。クリスマスパーティーのたくさんの食事が眠気を誘うのではないかと言っています。

○携帯電話は医療機器に影響する
1M以内だと1%の確率で影響を及ぼすかもしれないというデータがあるらしい。しかし、それは昔の機械。それより、携帯が禁止なため連絡が遅れ、適切な治療が出来なくなることが問題ではないかと言っています。確かに。。。

番外編
○ニンジンが目によい
ニンジンにはビタミンAの元が入っていて、目によいと言われているが、目に効果が出るにはかなりの量が必要で、逆にそうであればそんなに食べていない人は失明してしまう。。。第2次世界大戦で目の良いパイロットがイギリスにいてその人がニンジン好きだったことが拍車をかけたらしい。

○ほうれん草を食べると筋肉が付く
こんな事を信じている人はほとんどいないと思ったが、かなり多いようです。どうやら「ポパイ」のイメージが強いらしい。ボディービルダーはほうれん草を食べているわけではない。

しかしこれら二つは健康のために優れた食材で子供などにはこのようなことを言ってでも食べさせた方が良いらしい。

結局だまされている方が幸せ?

体育会系 

2007年12月27日(木)

12月14-16日にかけて行われた、指導員研修会において、指導員検定までに時間がないので少しでも練習できればと思い、特別に編成された「指導員受験班」に入りました。
講師は「○島○スキースクール」のW氏。初めは是非全員に受かって欲しいので頑張ってください。滑り込みが必要なので、今回もばんばん滑りましょう。とやさしい口調で始まりましたが、検定種目練習になるとだんだんヒートアップ。
滑り終えた直後、
W:「外足にしっかり乗ってきたか?」
受講生:「乗ってきたつもりですけど」
W:「乗ってきたつもり?乗ってきたら乗ってきたと言えるはずだ!言えないと言うことは乗ってないってことだ!」

W:「テールコントロールはどういう滑りだ」
受講生:「スキーの長軸方向に受ける圧を・・・・」
(この時期に答えられるこの人はすごいと思ったが・・・)
W:「そうじゃない!そんなこと考えながら滑れるか!端的に言え」
受講生:「テールから動き始め・・・」
W:「そうだ。テールからだ!」

W:「何の滑りをしてきた?」
受講生:「プルークターンのつもりですが」
(あっ。また”つもり”を言ってしまった)
W:「つもりでやるからだめなんだ!しっかり、分かるようにやれ!」

板も2回くらい外し、雪上でブーツの動きを10分以上確認させられました。
などなど、雪上講習2日間みっちりしごかれました。こんなにはっきりだめ出しを食らったのは中学の部活以来です。
でも最後に受講生全員が言っていたのは
「検定後に出来てないと言われるより、ここではっきりだめなところはだめって言われた方が良いよね。」
ちなみに、だめというだけでなく、一人一人にここを気を付けるようにと細かくアドバイスをいただきました。厳しいですが、良い先生でした。

フランダースの犬 

2007年12月26日(水)

やっぱりそうだ!

フランダースの犬と言えば、感動するシーンのトップ5にはいる有名なアニメである。
ちなみに、僕は全話見たことがない。そのためか全く感動しない。
この全話読んだことがない僕があらすじを説明しよう。
主人公ネロ(日本名:清)は、ペットの犬を牛乳屋さんから譲り受ける。その名もパトラッシュ(日本名:斑(ぶち))。パトラッシュはセントバーナードなので体がでかい。でかいので当然食事の量も多い。そのためかネロは貧乏である。その貧乏生活から抜け出すために、得意な絵で一発逆転を狙うべく、展覧会に出展するがあえなく落選。絵を描くのに疲れ果てたのか、落ちた悲しさなのか教会で死んでしまう。

これのどこに感動するんだ!絵が入選しなかったくらいで、死んでしまってはだめだ。ピカソもムンクも書いても書いてもなかなか売れなかったけど、頑張って絵を描き続けて生きていたんだ!一回であきらめるなもっと頑張れ。

と思っていたのは僕だけでないらしい。インターネットのニュースを見て驚いた。
ヨーロッパでは更に厳しく「負け犬の死」。アメリカではハッピーエンドにしてしまっているらしい。にほんには「滅びの美学があり。。。」とあるが、「フランダースの犬は泣ける」と言う前評判によるプラセボ効果じゃないの?と思ってます。

日曜日にテレビでやっていた映画「手紙」の方が絶対泣ける!見てない人は今すぐレンタルビデオ屋にLet's GO!
isi.jpg

takao.jpg

丸山貴雄と比べてみよう1(小回り編)?に続き、大回り編を作成しました。右ターンが内倒してしまい”残念な滑り(by 丸山 浩之)”になった映像ですが、それ以外は現状が出せたと思った滑りです。

2枚目:
こちらのターンはかなり苦手らしく、小回り、大回り全てだめ出しを食らっています。いまだなかなか改善できません(頑張ってるんですけどねぇ)。
個人的にこの写真を解析すると、スキーのトップの捉えが出来ていません。そのため、ターンが始まらず、内倒し、エッジを立てることによりターンをしてしまっている”残念な滑りです”。

6-7枚目:
昨年も同様の傾向ですが、ニュートラルが甘いですね。丸山さんと比べ両スキーがフラットになってません。

その後:
内倒してしまっているために、内足に乗り込んでしまい、外足が浮き気味。全く働いてません。板がターンせず(働かず)に、外に逃げてしまっている残念な滑りです。

伝達講習会でSさんから「シーズン後半になりましたが」と挨拶がありましたが、残り少なくなったシーズン、精進します。

予算削減? 滑走13日目 

2007年12月24日(月)

20071224.jpg

昨日の講習でこってり絞られたためか、本日のクラブ員は少なめ。
朝はしんしんと降り積もる雪の中、新雪を堪能してきました。と言っても、わずか15センチ程度。しかも重く、しかも視界が悪い。
見えなくても足裏感覚で!と滑っていたら急に足裏から圧が抜け、その後強力な圧が・・・。 大きな段差に気が付きませんでした。着地と共に、左足の板が外れ、次に右。かなり大きく転倒しました。新雪奉行のSさんがいたら「穴を開けない!」と怒られそうなくらい、大きな穴を作ってしまいました。でも新雪って、転けても何故か楽しい(言い訳)。

今日はクリスマスイブ。五竜のクリスマスと言えばサンタクロースによるお菓子配り。懸命にサンタを捜して、お菓子をもらってましたが、今年はどうやらない模様。予算削減か?かなり楽しみにしていたのに・・・。残念。。。

伝達講習会 滑走12日目 

2007年12月23日(日)

20071223.jpg

大町は雨でしたが、五竜についてしばらくすると雨が上がりました。
天気予報が悪かったので、今シーズン初講習会だったのに集まらないかなと思っていましたが、個人的には予想以上に集まりました。そして、天気も予想以上に晴れ上がり、お昼過ぎには春スキーのような陽気でした。
昨年と異なり、全面滑走できたので、各班とも思いっきり滑ることが出来たのではないかと思います。
講習後も残って滑っていると、冷えて雪が締まり、また滑り易くなってきました。と言っても、上手く滑れるかというとそれは別問題で、こちらは練習が必要なようです。

↓帰りに偶然会いました。
ナイターは冗談でたぶん誰も行ってませんが、五竜のHPによると今日はクリスマスでナイター無料だったようです。滑れば良かった。
20071223_1.jpg

早朝ではない 滑走11日目 

2007年12月22日(土)

20071222.jpg

↑早朝ではありません、帰り際の写真です。

全面オープンの五竜は気持ちいい。いいもりのストレートウィスキーコースでは多少石が出ていまが、昨年よりは断然良い。
アルプス平は雪が軽いのですが、下のゲレンデは重め。横滑りの練習をしたのですが、かなり難しかったです。でも、滑れなかった昨年より断然良い。
今日は当時と言うことで4時くらいには暗くなり、とおみゲレンデに照明がつき始めました。いいもりは暗くなってしまったし、新型SKY-4にも乗りたかったので、とおみゲレンデに行きました。
情報によると昨年までの速度は「4.5m/S」。新型になって「5m/s」になったようですが、乗った感じ微妙。
シートが柔らかくなったりと思ったのですが変わってません。
ただし、滑車を通過するときの振動が多少少なくなった気がします。

お試しあれ!

最後に、ゴーグルを貸してくれたT君ありがとう。大町付近でゴーグルを忘れたことに気が付き、しょうがない買おうかななんて思ってました。
助かった。

後回しはやめよう 

2007年12月21日(金)

先週スキー界を賑わした話題と言えば「御岳ロープウェイ」。最長で10時間もゴンドラに取り残されてしまった方は大変だったと思います。
ゴンドラなどの索道の管理はスキー場にお願いするしかないですね。実は五竜でも止まってしまったことがあります。数年前いいもりゲレンデのペアパラが止まりました。あと5分リフトから降りるのが遅かったらどうなっていたことかと思いました。

よくこのリフトに乗ってからトイレに行こうなど思いますが、多少無理してでもリフトに乗らずにトイレに行けるなら行くようにしたいと思います。もし止まったら大変なことになりそうです。
みなさんもトイレに行きたいときにはすぐ!

北部戦線絶好調!! 

2007年12月20日(木)

先週は研修会で五竜に行っていないのだが、そのうちにずいぶん雪が積もったようです。(By 五竜HP)
いつの間にかとおみゲレンデ、いいもりゲレンデもオープンしています。チャンピオンも滑れるようです。更にアルプス平も積雪195センチと2Mを越えそうな勢いです。2週間前まで、石が一部出ていて、おそるおそるコースを選びながら滑っていたのに・・・・。
2M近くも積もったのでアルプス平は満足に滑れるんだろうなあ。3連休、かなり楽しみです。
とおみゲレンデは70センチ。滑れるけどやはり足らない。もう二降りくらい欲しい。そろそろ、3日連続大雪警報なんてないかな?

日曜日は第一雪上行事「伝達講習会」。楽しみは楽しみなんですが、問題は天気。今の予報だと「曇りのち雨」。たぶん、スキー場は雪でしょう。

すくえない2 

2007年12月19日(水)

20071219.jpg

明治乳業から調査報告が届きました。(調査報告書、PDF750kb)
結論としては、ヨーグルトを作って、容器に入れた後どこかで凍ってしまったらしい。一度凍ると、固形成分と水分が分かれてしまい、二度と元には戻らないと言うことです。
ちなみに、同じ販売ルートに乗ったものも調査が出来るものは調査してみたが見あたらないそうです。
ここまで調査するとは恐るべし明治乳業。と言うか、最近偽装問題などで食品業界は気が気でないのかな?

蓮池ロープウェー 

2007年12月18日(火)

20071218.jpg

志賀高原の東館、西館などを滑っているときに遙か上空に見えるロープウェーその名も「蓮池ロープウェー」。
志賀高原に10回以上行っているが、一回も乗ったことがない。
今回初めて乗る事ができました。乗り口もどこにあるか知らなかったのですが、高天原の上から見て左端にひっそりとシングルリフトにあり、先に乗り口がある事を知りました。車を一ノ瀬に停めるときいつもシングルリフトをくぐるのを知っていたのですが、このリフトもどこにあるんだろうと思っていたのですが、このリフトなんだとも初めて知りました。
ところがこのリフト板を履いて乗ることは出来ず、持って乗らないと行けません。結構な斜度を降りていくのでちょっと怖いです。カメラを出すことが出来ませんでした。
ロープウェーは定員は40人だそうですが、実際は30人ほどしか乗せてくれません。かなり狭いです。案内の人が1名乗りますが、熱気でガラスが曇り景色なんて全く見えませんでした。
到着した蓮池側乗り場はゲレンデではなく、単なる建物。蓮池ゲレンデを滑ろうと思うと5分くらい歩く必要があります。ツアースキーでは余り使うことはないでしょう。
しかし、一ノ瀬などの駐車場が一杯の時には蓮池に停めてロープウェーで高天に向かうのも手かも・・。
たぶん乗った経験がある人は少ないと思いますが、一度お試しあれ。

太田 真由美 さま 

2007年12月17日(月)

20071217.jpg

指導員研修会でKさんの班の講師だったデモンストレーター「太田真由美」さんとロープウェー待ちでいっしょになったので写真をお願いしました。これで美女スキーヤーシリーズ?第3弾になりました。
第1弾:嶺村聖佳
第2弾:斉藤有紗
名簿などで見る太田さんはきりっとして怖そうですが、実物はかなりやさしそうです(本当は怖かったりして)。写真のように小柄なんですが、講習中の滑りにはオーラがあり、大きく見えます。でも、講習中って技術選のような滑りでなく、ふつーの滑りなんですよね。今回講習中に他の班の松沢寿デモの滑りを講師の方が解説していました。ポイントは普通であること。
無駄に上半身が緊張しているわけでもなく、変な方向を向いているわけでもなく、雪と戦っているわけでもなく、見て普通に見える滑りが言い滑りらしい。
「それに比べて皆さんの滑りは上体で回してみたり、上体を傾けてみたり無駄なことばかり。誰も教えてないのに・・・・。」
確かにそうしろと言われてないのに、そうなっちゃいますね。なぜだろう?

寒。 滑走10日目 

2007年12月16日(日)

22071216.jpg

指導員研修会に行ってきました。
志賀は下界と違い予想以上に寒かったです。天気も悪く、土曜日から日曜日だけでも50センチ以上は積もっていたと思います。
今年の研修会のキーワードは「ゆる(PDF, 2.1M)」「ゆるスキー」。個人的な解釈すると、無駄な筋肉を脱力し、本当に必要な筋肉を使いましょう。と言うことです。研修中でも、リラックスして滑りましょう。とよく言われたのですが、だからと言って前身脱力で滑るといろんなところが緩んでると言われました。この必要なところを使うってかなり難しい。

念願達成 

2007年12月13日(木)

キターーーーーーー
ついに運転免許証更新のお知らせが届きました。どきどきしながら葉書を開けるとそこには
「優良運転者講習」「金色」と言う文字が・・・。
免許を取って18年。交通違反で捕まりに捕まり、今まで更新は全て免許センター。講習も普通講習で出席確認付き。当然、免許の色は青。思えば前回は書き換え2ヶ月前に捕まりました。今まで長かった。

ゴールド免許になって何が変わるか楽しみです。
何も変わらなかったりして。。。

晴れますように 

2007年12月12日(水)

今週末は志賀高原で指導員研修会に行ってきます。今年のトレンドは何だろう?
天気が良いといいな。講師によっては話が長いから天気が悪いと寒いんだよね。

いつも思うのだが、研修会の時に来てしまった普通のお客さんはかなりかわいそう。
昨年の栂池がそうでしたが、一部オープンした数少ないゲレンデの端に、各班が話をしているのでコースがかなり狭くなります。滑りはじめたかと思ったら、ボーゲンなどでちょろちょろ。かなり邪魔です。またお昼になればシーズン始めの数少なくオープンしているレストハウスに殺到し、満員です。昨年はさすがにお客さんから文句を言われたらしく、「きちんとリフト券代を払って、邪魔にならないようにコースの端でやっているのに・・・・。」と役員の方がぼやいてました。

だからといって、全て平日にされても困る。細かく何回も行うのはスキー連盟も大変だし、結局しょうがないのかな?

ビンカン 

2007年12月11日(火)

20071210.jpg

この前書いたようにスカイフォーリフトが新しくなりました。
その壮行式?が12月1日のお昼に行われていました。ちょうどご飯を食べにエスカルプラザに降りたところでした。
神事の後に試運転?試乗会?が行われていました。
ピカピカだねえ。屋根も水色できれいだねえ。なんて言ってました。
それを見たS君が「早くない?ちょっと早くなったよ。」と言っていたのですが、その場の結論は圧倒的多数決で「変化なし」となっていたと思います。
ところが、五竜のHPに「少し速度が速くなりました」と書いてありました。具体的な速度は分かりませんが

あの速度の違いに気がついたS君は「ビンカン!」です。

僕も含めその他の人は全員「ドンカン」。

三ツ矢サイダー 

2007年12月10日(月)

360で休憩したときに飲んだ三ツ矢サイダー。よく見ると「アサヒ飲料」で出しているんです。(そんなの当たり前?)
その時に三ツ矢って言うメーカーがあって買収されたんじゃない?と誰かが話してました。確かに商品名として三ツ矢って言うのも変わっているし、人の名前に近そうだから「三ツ矢」って言うメーカーがあってもおかしくない。はたしてどちらが正しいんだろう?と思っていたら、諜報部員のSさんから調査結果が届きました。


http://www.asahiinryo.co.jp/historybooks/mitsuya/index.html
三ツ矢は会社名では無く当初からブランド名として採用されていたようですね。


更に詳しくは上のリンクから飛んでってください。ここを読むと明治40年からサイダーの前身を販売しはじめたらしい。そば3銭の時代に10銭。今で換算すると1200-2000円。高いなあ。僕だったら間違いなくそばを食べる。

新雪ざんまい 滑走8日目 

2007年12月09日(日)

20071209.jpg

車で白馬に入ってからは雨っぽい雪。。。こりゃ今日はウェアが濡れて大変かな?
と思っていましたが、ゴンドラで上にあがるとしっかり雪に変わり、新雪ゾーンが待っていました。アルプス平の中央付近は一応圧雪してあるようでしたが、その付近でも10センチほど、未圧雪のところでも膝下くらいの雪がありました。ただし、ちょっと重めで、ガスが出ていて視界はかなり悪いです。
しかし、新雪は気持ちよく、見えなくても「足裏感覚で。???」と滑ってきました。新雪って一度掘れてしまうと、そこだけ板が走って結構滑りにくいんです。そうならないようにと、あとかっこよく滑るために二人で「8の字」を書くように小回りをしてみました。先頭は良いけど後ろは結構大変なんです。ただでも視界が悪いのに、前の人の雪煙で足下は全く見えません。もうホントに足裏感覚?だけです。
そんな今年ながら楽しんでいたら、お昼を食べた後はぐったりしてしまいました。滑っているときは楽しいけど、寒いし足下が悪いところを滑るって以外と疲れるかも。。。
午後からもガスがなかなか晴れません。と思っていたら、風邪が出てきていよいよ視界が良くなるかと思ったら次は吹きすぎ。リフトもしばしば止まるようになりました。疲れたのでちょっと休憩してから、滑りだそうとしたらいよいよ動かなくなり、あえなく撤収しました。帰ろうとしたときに強風のために止まるかもしれませんと放送がありました。帰ってから五竜HPを見ると、2時過ぎには強風で運休したようです。

帰りにゴンドラから視界を見ると昨日まで真っ茶色だった下の田畑も冬化粧していました。
来週までまっ白でありますように・・・。

多いなぁ 滑走7日目 

2007年12月08日(土)

20071208.jpg

朝ゴンドラ乗り場に集まったのは10名程度。ところが、今日は滑っている内に続々と集まり、20人近くになりました。
積雪量に比例している?か分かりませんが、ちょっとした集団になりました。写真を撮ろうとしても、全員が一度に入りません。人数と講習の雰囲気はシーズンまっただ中って感じです。

雪は85センチと微妙。石の心配をするほどあちらこちらが見えているわけではありませんが、数ヶ所で地面が出ていて注意のためのポールが立っています。それでも、先週よりはかなり滑りやすくなりました。ゲレンデも47がオープンしたため、分散したのかリフト待ちも少なくなり、ストレス無く滑れました。

今日初滑りだった人も多く、T君は全盛期の30%くらいだなあと言っていました。僕はすでに昨年の90%くらいは感覚が戻ってきた気がします。戻ってきての感想は、昨年出来たことはそこそこ出来るし、出来ないことはまだまだ出来ない。まあ、そんなもんだ。練習あるのみ!

もう一息頑張れ 

2007年12月07日(金)

20071207.jpg

20071207-1.jpg

上は先週土曜日の写真。11月の連休の時には白かったのに、すっかり解けてしまっています。とおみゲレンデのオープンはまだまだ先?
下は昨日の写真。水曜日には安曇野でも雪が降ったので結構期待していたのに、人工降雪機で白いもののまだまだだめなようです。
思ったより積もりにくいですね。アルプス平も先週(65センチ)より若干積もった程度(85センチ)。なかなか積もらないものですね。
「頑張れシベリア寒気団」

今朝、あまりの寒さで霜が車にしっかり凍り付いていたので、今シーズン初「解氷スプレー」を使いました。暖機運転も良いが、ガソリン高騰の昨今、安くてすぐ解けるスプレーは手放せません。
使おうとキャップを開けようとしても、冷たく冷えかたまったキャップが開きません。そこで負けじと更に力を入れた瞬間、キャップが開いたのですが、それと共に「ころ、ころ、ころ。。。」ノズルが取れてしまいました。
「なんですとーーー!」
ノズルを合わせると出ることは出るんだけど、やはり管が切れてしまっているので横から漏れる。「そんなの関係ねぇ」と言いたいところだが、使いにくい。
実はノズルが取れてしまったのはこれで2回目。注意していたのに。。。。
キャップが出来ないと車内が何となくアルコール臭くなるけど、しょうがない。とほほ。

冬支度 

2007年12月06日(木)

20071206.jpg

当然だと思いますが、皆さんスタッドレスタイヤに履き替えてますよね。

ホイールの種類にもよりけりですが、写真のように中心が見える様になっていませんか?
このままではセンターの軸に汚れが付いてさび付いてしまいます。そうすると夏タイヤに履き替えるとき、その次に冬タイヤに履き替えるときにホイールが外れなくなることがあります。

このようなホイールには必ず、キャップが付いています。めんどくさがらず必ず付けましょう。

今年の五竜 3 

2007年12月05日(水)

20071205.jpg

エスカルのヌードルショップでご飯を食べているときに気がつきました。はしが
「木曽ひのき」。
ちょっと驚いていたのだが、周りの人に聞くとかなり有名ですでに家で使っている人が多いようです。
安くて特に麺類がつかみやすいそうです。土産物屋で買うと高いけど、木曽の方に行けば普通にも売っていて、かなり安いらしい一本100円前後。
お試しあれ。

と言うことで、僕も使ってみたいが、近くで安く売っているところを教えてくだされ。この時期の休日はあって無いようなものだから遠くには買いに行けないので・・・。

今年の五竜2 

2007年12月04日(火)

20071203.jpg

どんどん亭の入口右にあった子供遊び場が無くなり、「レンタルショップ」になりました。その名も
「白馬 スキースタジアム」。

各社の最新モデルの板が3500円で一日履き放題。交換も自由です。
昨年志賀高原も同じ様なことをしていました。そちらは値段が高く6000円だった気がします。それよりは安いけど、あと1000円くらい安くならないかな?あと、もう少し種類を・・・。メーカーによっておいてある板に差がありますが、基本的にフリーライドと呼ばれる板が多いようです。滑りやすいから良いですね。これを借りて、スキーの楽しさを感じてくれる人が増えれば良いなあ。

今年の五竜 

2007年12月03日(月)

五竜スキー場今年は何か変わった事するかな?と思っていたら発見しました。

プレミアムファミリーレッスン
くわしくは五竜HPを見てください。

単なる家族でスクールではなく、プレミアな特典が付いています。
1,専用駐車場
2,専用昼食+特別メニュー

26,200円ですが、プライベートレッスンと昼食が付くとこのくらいになりますね。安くはないけどぼったくりでもない。
 ちょっと気になるのが、専用駐車場。知っている人もいるかもしれませんが、第一駐車場の一番近いところは今年から身障者用になりました。良いことですが、ある程度駐車場がいっぱいになっているときに一番奥に専用駐車場があることを知っている人じゃないと使わないような気がします。奥に専用駐車場があるって看板を付けた方が良いのに・・・。
 そんなことは良いとして、スクール専用駐車場はどこになるんだろう。ゲレンデに近いところと書いてあるので、第一駐車場の一部が使われるんだろうなあ。
 今のシーズンって、通な人が多いから、第2駐車場でなくていきなり第一に停める人が多いので、すぐいっぱいになってしまいます。停めるなら、8時前に来ることが必要です。そこに更に専用で取られてしまうと、満車になりやすく競争が激化しそうです。
 一度、第一になれてしまうと他には行けない。専用駐車場の場所にどきどきです。

行列 滑走6日目 

2007年12月02日(日)

20071202.jpg

 今朝は風が強め。リフト券発売とゴンドラのスタートが少しだけ遅れました。ゴンドラが動き出すときちょっと外を見るとリフト券売り場を越えるほどの行列。こんなに人が来たら滑るところ無くなっちゃうじゃん!上にあがってから4-5本は無言で思いっきり滑ってしまいました。
 昨日の雪は期待したほどはなく、ほんのちょっと積もったのみだったようで、アルプス平のリフト乗り場周辺はいよいよ怪しくなってきました。
 この時期まで来ると、さすがに2-3日滑って足慣らしが終わった人が多く、すでに練習モード突入です。雪面が荒れ気味なので昨年やったことでも上手くできません。感覚が戻らないのか、この雪では難しいのかよく分からなくなりそうですが、次第に出来るようになってきた気がしてきます。

 それにしても雪が少ない。このままではアルプス平がクローズしてしまいそうです。みんなで雪乞いをしましょう。来週「大雪警報」が出ますように。

やっぱりな 滑走5日目 

2007年12月01日(土)

20071201.jpg

安曇野市から大町付近までものすごい濃霧でスキー場は晴れてくれることを願ってました。到着したときには上部はガスっていたように見えましたが、ゴンドラで上がると雲の上に出ました。晴天のスキー日和になりました。

しかーし。今週はかなり晴天や雨が降り積雪量が先週のオープンした金曜日には1Mあったものが今では65センチになってました。パノラマゲレンデさえちょっとうねりが見えました。それでも、まだまだ石の心配までなく朝一番は締まったところを思いっきり滑ることが出来ました。
 ですが、47がクローズになったことが影響しているのか、人はかなり多め。10時近くにはスピードを上げて滑ることが出来なくなってしまいました。そこからは、足場を確認するようにしっかり練習しました。
 悪いことばかりでなくちょっと朗報。レストランは360だけでなく、エスカルプラザのヌードルショップがオープンしました。

帰るときには雪が降ってきました。さあ、ガンガン積もれ!
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。