スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

そんなもんだ 

2007年07月31日(火)

20070730.jpg

 日曜日にちょっと軽井沢のショッピングセンターまでふらーっと買い物に行ってきました。
 以前行ったときにはショッピングセンターの駐車料金が高いために、こっそりプリンスホテルイーストの駐車場に無料で止めていました。今回もそうするかなと思っていたら、何と値下げ、1時間100円になってました。100円なら良いかと今回はリッチに一番近い駐車場に止めちゃいました。
 メインの「ニューウェスト」はテナント料が高いのか、盛ってないところはさっさと店が変わっていました。高級ブランドではなく、お手頃価格名商品を扱っているところが占めていました。
 先週までバーゲンだったのですが、都合が悪く今回行くことになったわけですが、商品がかなりしょぼい。秋物とも言えず、夏物とも言えず本当にアウトレットって感じです。せっかく来たのに・・・・。がっかり。
 がっかりしてもお腹はきちんと減ってくれるもので、センター内にある「ソースカツ丼」屋へ。創業運十年ソースカツ丼らしいが、見ての通りかなり整形がきいてるカツ。味もかなり整形がきいていてさっぱり。おいしさが足らない。その割には950円も取りやがって・・・。不満だらだらで食べたのですが、外を見ると行列が。まずかったと言ってやりたかったが、小心者の僕はそのまま出ました。まあ、観光地の食事ってこんなもんだ。
 
 一年前はショッピングする人であふれていたのですが、何と今は犬であふれています。至る所に犬がいる。当然ペット用品専門店も出来ています。悪くはないんだが、人混みの中で犬を連れて歩いていると思わず踏みそうで・・・。犬の足を踏んで噛みつかれたらどうしよう。
 次は何かセールなどイベントをチェックしてから行こう。。。。
スポンサーサイト

参議院選挙2 

2007年07月30日(月)

 いろいろあったが予想通りの結果になったような。いままで文句ばっかり言っていた民主党頑張れ!!これで小沢さん希望の消費税10%の道へ邁進なのかな。
 そんなのはやってみなくちゃ分からないと言うことで、これからどんな風に変わっていくのかちょっと楽しみです。
 今回の選挙の中で納得行かなかったのが、東京選挙区の某選挙権がなかった人。自民党も公認してびっくりだったと思うが、当選してしまったことに一番びっくりした。住民登録して無くて選挙権がなかったことに期日前投票で気がつくと言うことは今まで投票していないと言うこと。つまり国政に全く興味がなかったってこと。そんな人が立候補してもと思っていたのに、結構得票してました。東京都民にがっくしである。今回の選挙は入れたくない人はいても入れたい人もいないという選挙と言われていたが、まさか当選するとは・・・。
 まさか?と思う人がもう1人。自民党だった人が郵政民営化に反対して、衆議院落選。その後、自民党からの助け船に乗ろうとしたけど保守王国だったために、枠がないと言われ自民党に返り咲くことも出来ず、このまま引退かな?と思っていたら今回民主党で出て当選。自民党の意見に反発して民主党になったと言っていたが、どう見ても組織票が欲しくて鞍替えしたとしか思えない。 選挙って難しい。
 

参議院選挙 

2007年07月29日(日)

20070729.jpg

 みなさん選挙に行ってますか?毎回行っているわけではありませんが、7割くらいは投票してます。前回は県知事選だったっけ?
 選挙で体験したいこと
1,出口調査
 8時からテレビで出口調査による速報をやるけど、結構当たるもんなんだなあ。みんな正直に答えてるんだ。一回くらいやってみたいと思っていました。これは狙って出来るものでもないし、市内に住まないと無理かな?と思っていたら前回の県知事選で投票が終わったと同時に「出口調査員」に遭遇しました。目標達成!!!
2,空箱確認
 一番に投票する人は立会人(選挙管理委員)とともに、箱の中が始めはからであることを確認するらしい。今回も挑戦しようと思ったが、起きたら8時を回っていた。残念。
3,選挙手伝い
 安曇野市長選で初めてポスター貼りを手伝いました。地図を渡されてこの辺にポスター貼り場があると記してあるのですが、マイナーなところは分からない。まるでオリエンテーリング状態です。結構楽しかった。
 本当は選挙カーに乗って手を振ってみたい。なんか楽しそう。
 後は当選したときに後援会会場でのバンザイ。これは、当選しそうな人の後援会に入らないと行けないし・・・。噂によると勝手に行って勝手に紛れてバンザイすることが可能らしい。次回チャレンジしてみよう。
 

安曇野祭2 

2007年07月28日(土)

 今週は安曇野祭本番。「豊科踊り」である。
プレ豊科祭が縮小されていたので、こちらも縮小かな?と思っていたのですが、以外といつも通り。こちらは踊る人の連が減るわけではないので、縮小は出来ないか?
 僕の楽しみはJAの特売だが、プレ祭でなかったが、本番はあるだろうと期待していたのに、ない。楽しみがないぞ!そうなるとただ近所が交通規制されて、9時近くまで音楽が流れっぱなしのうるさい祭になってしまった。
 来年こそJA安曇野復活を期待してます。

Slug 

2007年07月27日(金)

20070727.jpg

写真の中央に何かいるのですが、分かりますか?茶色いものです。
道ばたでイギリス人ぽい人が棒で突っついているので、聞いてみると
「スラッグだ!」と言うんです。
そんなの聞いたことがない、分からないと言っていると
「スネーク。ノーシェル。」
シェルと言えばシェル石油の貝殻。蛇で貝殻なし?・・・・
なめくじのこと?よーく見るとそれっぽい。ちょっとしっとりしていて。
それにしても茶色いし、太いし、でも日本と同じでちょっと気持ち悪い。

帰ってから調べてみると確かになめくじのようです。しかも、海外ではなめくじは蛇に近いものと考えられているらしい。
ちょっと勉強になったが、この雑学は使うときがたぶんない。

TGV 

2007年07月26日(木)

20070726_2.jpg

ヨーロッパ高速鉄道と言えば「TGV」。今回乗車することになりました。
TGVで知っていることと言えば、「連結台車方式」。日本の電車と違って、連結部に台車があるのだ。日本のほとんどは車両それぞれに台車がある。どちらがよいか一長一短なのだが、脱線しにくいと言うことを以前言っていたような気がする。また、タイヤの数が少ないので線路との抵抗が少なくなると言うことらしい。
20070726_1.jpg

揺れが少ないと言っていたが、早いので結構揺れる。新幹線とどちらがと言うのは難しい。同じレベルかひいき目で新幹線と言いそうになるくらい。一番の問題はシートの向きが固定であること。しかも向かい合わせ。向かい合わせに乗ることが問題ではなく。後ろ向きで乗ることもあり得ると言うことである。乗り物に弱い人は後ろ向きであの揺れでは一発で酔ってしまうでしょう。改善して欲しいものである。と言うよりもしかして外人は酔わない?
 結構スピードが出ている様子があるのだが、ヨーロッパ最大の農業国フランス。窓の外はこんな景色ばかり、スピード感が全くない。のどかだ。
20070727_3.jpg

高地トレーニング 

2007年07月25日(水)

 高地トレーニングの一環として昨日住んでみてはと言ったが、家を建てる資金がない人に朗報!?
 「山小屋従業員」募集!!(詳しくはこちら
これなら費用なしで高地トレーニングがはじめられます。しかも、お金も貯まります。
ほんとに貯まるらしいですよ。山の上ではお金をもらっても使うところがない。最近の山小屋はテレビ完備や携帯電話もつながるし。3000m級の標高でのお風呂は普通は入れないのでかなり優越感があるらしい。そして毎日御来光。良いことずくめ。

※山小屋でのバイトを斡旋しているわけではありません。

マイゴンドラ 

2007年07月24日(火)

20070724.jpg

 ハイジの世界はほんとにあった。
夏は標高が高いところ、冬は下で行う「移牧」と言う牧畜があることは知っていたが、スイスはかなりのメッカらしい。なので小高い山の上の方までほったて小屋がある。
なるほどねぇ。
と思っていたら、しっかりした家もあった。ガイドに聞くと日本では家を建てる場所できにするポイントは「便利な場所にある」「宅地が安い」などいろいろあるが、スイスでは「景色がよい」これがNo.1らしい。なので、こぞって標高の高いところに家を造るらしい。
標高の高いところに住んで買い出しは歩いて山を下るのかなと思われるが、実は専用ゴンドラがあるそうです。集落で持っているところや個人で持っている物もあるようです。それを使って1週間に一回くらい町に買い出しに行くようです。ゴンドラが動いているところを見る機会はなかったが、支柱がかなり細いので、かなり危険そうです。それでもあまり問題になっていないと言うことはスイスのゴンドラ技術はかなり高いのか?
みなさんもどうですか?地蔵さらに上に平らそうな所がありますよね。あそこに家を建てて、住んでみるとか・・・。
たぶんクーラーいらず。
朝はいつも一番乗り。
24時間高地トレーニング。

キーボード 

2007年07月23日(月)

20070723.jpg

 インターネットというものはたいしたもので、世界中どこでもメールを送ったり、日本の情報を得ることが出来る。  と知っていてもそんな機会はなかなかない。
 今回の旅行中、たまたまかもしれないがほとんどのホテルにインターネットサービスがあった。自由に使えるかというと、僕が使いたいのと同様他の人も使いたいらしく、なかなか空いているときがないのが現状でした。
 と思っていたらあるホテルの早朝PCが空いていました。早速日本の情報をと思っていたのですが、なぜだかタイプミスをする。タイプミスは多い方だがそれにしても間違える。おかしいと思ってキーボードをよーく見ると
「なに!」
通常「Y」の所に「Z」が・・・。当然「Z」の所には「Y」が。
コリャ間違える。後から調べたらドイツ語は結構Zを使うらしく、そのためZが使い易いところにあるらしい。
 うん?僕の雑学データの中にキーボードの配列は確か早く打てないようによく使うようなキーは端にあると決まっていたような・・・。キーボードはタイプライターから来ているが、あまりにも早く打つとタイプの「ハンマー」がついてこなくて絡まったりするために、わざと打ちにくい配列にしたと思ったのに・・・。打ちやすいようにしては意味がない!!
 と思ったが、今は電子制御のキーボード絡まったりすることもないので打ちやすさをとっても問題ないか?
20070722-2.jpg

 ジョン・マクレーン健在!!最近役者の高年齢化を心配していたので、この映画ももしや?と思っていたのですが、激しさ、ぎりぎりどきどき感は健在でした。
 ストーリーは最近よくあるサイバーテロで、現代社会ってこんなにコンピューターでコントロールされているのかな?と思ってしまいました。
 相変わらず、前作から引き続きなのかニューヨークを貸し切った、撮影シーンさすがハリウッドスケールが違います。
 いつも始めは犯人の見当もつかなく、全く遠いところにいるのに次第に近づいていく。ちょっと強引なところもあったが、最近の映画の中ではまだ自然なほうかな。
 時間が短く感じました。
20070722-1.jpg

20070722.jpg

 回を重ねても面白い映画って難しいですね。面白くするためか、ちょっと内容を盛りだくさんすぎ。。。話がどんどん進んでいきます。一海賊だったジャックは伝説?と相まってかなり大きな存在になっています。
 それにしても、最近の映画の撮影技術というかCGはすごい。戦闘シーンなんてほとんど、CGのはずなのに分からないくらいのめり込んでしまいました。ちなみに先日テレビでシュワルツネッガーの「コマンドー」をやっていました。こちらの爆発シーンなんて明らかに人形とわかったり、別の意味で楽しめました。

プレ安曇野祭? 

2007年07月21日(土)

20070721.jpg

 毎年この時期に豊科駅前通を使って安曇野祭が行われています。1週間目はイベント盛りだくさん。2週間目は各団体で「豊科踊り?」なるものを踊ります。町村合併してからこの祭はどうなるんだろうと思っていたのですが、無事本日1週目が開催されました。特にこれを見たいと言うイベントはないのですが、近くでやっていることもありだらだらと見てきました。
 昨年より、歩行者天国になる部分が狭くなってしまいました。それに伴い出店も半分くらいに。いつもJAのブースでスイカを安く売っていたり、破格の焼きトウモロコシなどがあったのですが、こちらもない。カブトムシプレゼントや、ビック滑り台などもなくなってしまった。ずいぶん寂しくなった感じかがしました。このお店が少ない寂しさは祭全体に波及しているのか、人もあまり集まっていないようです。
 ふー。今年はこんなもんか?と思っていたらメインステージでやさい王国で有名な「unitMY」のライブが始まるアナウンスが。unitMYを知らない?一時スーパーの野菜売り場でかなり流れていた穂高生まれのユニットです。全国的には知名度は高くないですが、ステージの前を陣取っていた子供達にはかなり人気のようです。
 そんなことより、もう少しイベントを増やして欲しいなあ。町村合併で予算削減されたのかな?

難聴 

2007年07月20日(金)

20070720.jpg

 山間に行くと海外でも牧畜が盛んに行われています。牛は種類が若干違えども、休むことなく草を食べています。のどかな風景です。
 と写真だけだとのどかだと思うのですが、実際はかなりうるさい。その理由は首からぶら下げている、「カウベル」。「からーん。からーん。」たぶん飼い主が牛を見失いように付けていると思うのですが、ちょっとうるさすぎ。近くにいる僕でさえうるさいので、一番近くにいる牛はもっとうるさいんだろうなあ。一日中付けているのでたぶん難聴になっていることだろう。
 改めて考えると、基本的に柵があるので牛は逃げないと思うので、カウベルは必要ないと思うのだが・・・。

JUNGFRAU 

2007年07月19日(木)

20070719.jpg

 「JUNGFRAU」
これを見てすぐ分かる人は山マニア。しかし、どこかで見たことあるようなつづり・・・。たぶん五竜スキー場で見たことがあるんじゃないかな?
 某大学のスキー部の名前?チーム名?よく似た黄色いウェアを着たグループの背中に書いてあります。以前から何の意味なんだろうと思ってました。しばらくしてこのアルファベットは「ユングフラウ」と読むんだ、と言うことも分かったのですが、何でそんな名前を付けたんだ?と思っていました。
 まさか、山の名前だったとは・・・・。アルプス山脈にあり結構有名らしい。曇り空だったため、見えたり隠れたり、上手く写真を撮ることが出来ませんでしたが、何とか実物を見ることが出来ました。
 マッターホルンに負けないくらい、でかい!

マクドナルド(in スイス) 

2007年07月18日(水)

20070718.jpg

 ガイド曰くスイスは物価が高いらしい。日本も世界的には結構高いと思うのだが、果たしてどのくらい高いのかな?と思っていたら、目の前にマックが・・・。早速価格チェック。1フラン=100円とすると、単なるハンバーガーが250円。チーズバーガーも250円。たかーい。
 スイスは給料が高く、たとえこの値段でもスイスに住んでいれば高くないらしい。
 それでは、スイス以外の国はどうだろう?と思い、フランスで写真を撮ろうと思ったら、ニコニコして接客していたお姉さんに
「No!Photo!」
といきなり怒られた。何でだめなんだろう?いまだに理由分からず。

人体の不思議展 

2007年07月17日(火)

20070717.jpg

 最近話題?の「人体の不思議展」に行ってきました。
混むことを事前に知っていたので開館の10時前に到着したのですが、すでに開いていました。9時からだったのかなど思いつつ、言うほど混んでないじゃん。ゆっくり見れそうです。
 中にはいると人体の剥製?に圧倒されます。しかもかなりきれいです。中学の理科室にあった人体模型と一緒だと言ってしまえば終わりですが。人体の構造と言うより、この「プラストーミック?技術」に圧倒されてしまいました。人体の細部まで良く保存されています。
 と感動しながら、第2展示室に行くとここがメインだったようで、すでに行列が出来ていました。展示してあるケースまでたどり着くのに、まるでディズニーランドのように、ぐねぐね行列が出来ています。しかも係の人がきちんといて、さりげなく割り込みしようとしている人をチェックしています。良いことだ。それよりロープを張って、列を作ればいいのに。
 と思いながら並んでました。この第2展示室にはメインとなるものが3つあり1つ見るのに20分待ちました。単純計算で1時間かかってます。しかも実際見てる時間はそれぞれ2分程度。止まって見ようものなら、係員が駆けつけて「動いてみてくださいね。」と言われてしまう。と言っても前の人が止まってちゃ動けん!
 最後に実際にさわれる剥製があります。ここは意外と混んでないんです。さわっていると隣のおっちゃんが
「これって、コーティングされているから、本物のさわり心地ではないんだよね」
確かにそうか?そういわれてさわると、皮膚の感触はちょっと柔らかいプラスチック。皮膚で違うんだから臓器の感触も違うんだろうなあ。
 出口付近に売店がありました。人体Tシャツがあったが、あんなリアルなTシャツいつ着るんだ?骸骨キーホルダーは小学生の時に流行ったような・・・。
 来週までなので、興味がある人は是非!

ついに 

2007年07月16日(月)

20070716.jpg

 ついに買ってしまいました。正確には注文。
 板もへたりが見えてきたし、そろそろかなと3月くらいから思ってました。今履いているHEADはなんか僕にぴったり。特別な特徴はないが、変な癖もない。と言うことで、今回初めて同じメーカーを2回連続履くことに決めていました。しかし、「もう一年は履けるのではないか?」「HEADで良いのか?」そんな自問自答を3ヶ月ほど行っていました。と思っていたら、先週アルペンで
「この板、iRC(今履いている板)を柔らかくしたんですよね。」
との情報。以前試乗したときは春の雪でよく分からなかったのかなぁ。とさらに悩みが増えてしまいました。ここいらで最近話題の「elan」にするか?だけど十分試乗してないしなあ。「OGASAKA」なら無難じゃないか?昔は高いイメージがあったが、他が高くなって普通になってきているし・・・。
 しかし、迷っていた割には何のきっかけもなく、ただ松本に行く都合があるからだけで、佐山によって注文して来ちゃいました。価格はすでに調査済みで、昨年シーズン始めが3割引で7万円だったので、今年もそうだと思っていたら何と8万円。佐山ももしかして経営がつらく、高い割引率ではなくなったのか?と思いつつ、言ってしまったものはしょうがないし、他よりは安いのでそのまま注文しました。
 家に帰って、ネットで買ったらもっと安いものがあったりするのかと検索してみてびっくり、昨年とほぼ同モデルなのに定価が1万円もアップしている。だから今年は8万円なのか?ならばネットで捜して旧モデルでも・・・。と思ったのですが、時すでに遅し、売り切れのようです。
 とにかく、今年は新しい板で滑ることが決定です。

P.S. やはり今回も佐山のおっちゃんから「いらっしゃい」と言う言葉は聞けなかった。聞いた言葉は「ビンディングはFF?」「82500円です。」の二言のみ。かなり通いこむと話しかけてもらえるらしい。僕はまだまだのようです。
でも、その無愛想さが佐山だ!

カスタムフェア8(新技術) 

2007年07月15日(日)

20070715.jpg

フォルクルの板に新技術が!板のテールに「パワースイッチ」なるものがついています。これを回すとスキーの両サイドに入っているカーボンチューブが引っ張られたり、伸びたりして、板の張りを出したり、柔らかくしたり、自由自在とのこと、その様子が板のトップに見えるバネで見えるという物です。大回りでは張りを出して、小回りでは柔らかくしてコントロール性を上げるなど、一本の板でゲレンデ全てを満足に滑ろうというコンセプトのようです。
 実際にやってみると確かに、張りが変わりました。こいつはいい!


だけど、たかーい。定価で14万です。安く買っても10万以上でしょう。手が出ない。
0707070039.jpg

今回ちょっと話題の「スキーサイエンスアドバイザー」を体験しに、ICIカスタムフェアに続いて「アルペン松本店」に行ってきました。こちらもニューモデル受注会をしているので、にぎわっているかな?と思っていたのですが、人はまばら。と言うことで早速体験してきました。
 身長や、スキーレベル(級と映像を見て近い滑りを選択)を入力し、お店にある適当なブーツを履き、写真のような機械にビンディングが着いているのでそれにブーツを合わせ、手頃なスタンスに調整して、スクワット2回。たったこれだけです。
 この後に診断結果が紙に打ち出され、それを元にいろいろアドバイスを貰いました。板はどれがよいと言うより、滑りの癖の解析とアドバイスをしていただきました。
20070714.jpg

 この写真が診断結果とデモ達の結果です。
 佐々木明さん脚力225kg。人並み外れてる。機械が壊れそうになったんじゃないかな?みなさん、重心移動がほぼ足の裏の中で行われていて、素晴らしい動きです。
アドバイスもらった点は
1,前方に重心が外れかかっています。もう少し土踏まずあたりに加重する意識を持ちましょう。
2,右足の重心が外側にずれていることから、右外側ターンで上手く乗りにくいのでは。右足をケガしたことがある。左ターンで内倒しやすい。
3,右足の重心が左足より前に出ていることから、右ターンは入って行きやすいけど、左ターンは若干腰が外に向きやすい。たぶん右ターンが得意でしょう。
こんな機械で何が分かるんだ!と思っていたのですが、かなり当たってます。一応3回測定したのですが、脚力に若干の違いが出ましたが、荷重ポイントはほとんど変わりませんでした。癖は変わらないですね。
来シーズンの課題が早速出来てしまいました。
 それにしても、アドバイスくれたお店の人もかなりスキーに詳しいなあ。ついでにデモの人たちの癖についても説明してもらいました。
 競技の人はかかとより、基礎の人はつま先よりの荷重をしているようです。この写真の佐々木さんと佐藤さんがまさしくそうなっています。
 松本店にはずーっと置いてあるようなので、暇なときにみなさんもどうですか?

カスタムフェア6(ウェア) 

2007年07月13日(金)

20070713.jpg

 昨年話題になった「デモウェア」。通称?「牛ウェア」。柄がまるでホルスタイン。着ているデモ達も何でこんなウェアなんだと思っている人も多いと思われる。デモが着ていると何でもかっこよく見えるのだが、このウェアだけは違う。
 今年から一般販売をはじめたようですが、はたして誰が買うか?人気が出れば、他のメーカーもこんな柄のウェアを出すのかな?ちなみに色はこれしかありません。白黒があっても良いかなと思ったのですが・・・。
 柄は好きずきがあると思いますが、着心地はかなり良いです。軽くて、体と微妙な密着感があり、たぶん暖かい。
 ちなみに価格は上下それぞれ4万円前後です。

カスタムフェア5(抽選会2) 

2007年07月12日(木)

20070712_1.jpg

20070712_2.jpg

ブーツコーナーで足裏測定をしていたら
「ただいまより、抽選会を始めまーす」
おっ。これを待ってたんだ!一目散に抽選会コーナーへ。
ICIスポーツ松本店店長の紹介から始まり、えっ。あの若そうな人って店長だったんだ。と驚きつつ、抽選会の開始を待ちました。
 商品の基本はリフト券。始めは中央沿線のスキー場。当たって欲しいやら、この辺が当たってもなぁ。そうしている内に乗鞍方面。ここは当たらず。次は大町。次は五竜か?と思っていたときに番号が呼ばれてしまいました。
「大町共通リフト券」げっと!!!
ちょっと微妙。ヤナバでも行ってみるかな?
さて、まだ抽選会は続きます。大町の次はやはり五竜。しかもバンダナ付き?
「当たれ~~。当たれ~~。当たれ~~。」
番号が呼ばれても、その場で取りに来ないと再抽選。
「来るな~~。来るな~~。来るな~~。」
と念を送っている内に五竜は終わってしまいました。
五竜の次は八方、栂池?と思っていたらいきなり妙高。ホテル宿泊券付き。遠いけどホテルついてるしこれでも良いか??と勝手にどきどきして待ったのですが、呼ばれることなく、抽選会は終了してしまいました。
 抽選会1,2でリフト券2枚ゲット。結果から見ると運が良かったんだろうなあ。

野沢から 

2007年07月11日(水)

20070711.jpg

 倉田先生から近況報告が届きました。


ご無沙汰してます、みなさんお元気でしょうか?

今年も、夏の野沢温泉に行って来ました。
懲りずに、今年もレースです、しかも訳ありです。

交通事故で亡くなられた息子さんの車を寄付していただき、
意地でも整備、出場、完走しなければならない状況で、
生徒共々プレッシャーを感じながらの出場でした。

チョットした美談ですので、
息子さんのご両親と、生徒が中心で、NHKで放送されました。

当日の様子はこちらから
http://www.janis.or.jp/users/rt-hato/2007eveny/auto/auto.htm


冬も夏もアクティブです。
運転するのはやはり生徒?運転免許は?公道じゃないからいらないと思うが。。。写真を見るとかなり上手そうですが、どこで運転練習するんだろう?
20070710.jpg

 タダだったら何でも。
入口付近でアミノ酸サプリの試食会をしていたので、タダだったらと思って説明を聞いてきました。
 運動後にアミノ酸とクエン酸をとると筋肉痛が緩和されたり、疲れが残らないらしい。それだけでなく、運動前に食べるもの、運動後に食べるもの、筋力アップのためにタンパク質入りの物いろんな種類があるらしい。食べたのでここでちょっと宣伝(詳しくはこちら)。
 プロテイン入りは飲みやすい味になりました!と言っていたけどやっぱりまずい。100%プロテインを食べたことはないが相当まずいのかな?
 また、大友さんの腹が減ってしまう効果はみんなそうなのか不明?運動するための力がもしかして胃腸に効いてお腹が減ったのか?営業の人に聞いてみるんだった。

カスタムフェア3(足測定) 

2007年07月09日(月)

20070709.jpg

 今回の目的ニューブーツですが、今まで相性の良かった「レグザム」へ。昨年新調した人の話を聞くと、全体的に細くなって痛い!と言うこと。僕の足も純日本人でちょっと太め。大丈夫かな?と思って履いてみましたが、意外と大丈夫。5%大きめの「FROTE」シリーズも履いてみましたが、こちらはなんだかつま先が動きすぎる気が・・・。「DATA」シリーズはちょっとぴったりすぎないか?悩んでいると。大友さんから別のメーカーも履いてみるじゃん。と言われ、一番手前にあった「ATOMIC」へ。
 「ATOMIC」と言えば白いブーツ。白いブーツと言えば初心者のようだが、最近トップデモが履いているので今では上級者のあこがれへ・・・。とりあえず履いてみると、痛い・・・。最近はインナーが改良されていたりして、ほとんどの人に合うようになってきたと聞いたのに・・・。白ブーツはやめ他の種類へ。やっぱり痛い。三つ目の水色ブーツを履いたとことで断念。全メーカー回る気だったのですが、めんどくさくなってもう一度レグザムを履いて結局DATAにしてしまいました。
 パワーソールも5年前に作ってそれっきりだったのでちょっと高いが、新調することに・・。足裏写真を撮って、後は冬前のできあがりを待つのみ!と思っていたらおっちゃんがついでに他の人も撮ったら、見てあげるよ!と言うことで大友さん含め撮影へ・・・。
 もう一度僕の足裏写真をおっちゃんに見せて判定してもらったら
「うーん。かかとに寄りすぎ。指が浮いてるでしょ。」
確かにそうだ。もう少し、重心は前か。。。
他の人はなんて言われてたっけ?

カスタムフェア2(抽選会1) 

2007年07月08日(日)

20070708.jpg

 会場の入口付近で毎年行っている、いろんなスキー場の抽選会。以前栂池高原スキー場が主催した抽選会で「漬け物」が当たったことがある。
 今回は「シャトレーゼ スキーリゾート八ヶ岳」。ねらうはリフト券!ボタンを押してあたりの番号で止まればその場でプレゼント。
 簡単なアンケートに答えて、さあ運試し。と思ったら直前に一等が出て
「リセットしますんでお待ちください。」
もしかして一番運が悪い?と思っていたら「55」。何と当たってしまいました。しかも、粗品のお菓子ももらえた。シャトレーゼ大盤振る舞いだ!

カスタムフェア1 

2007年07月07日(土)

0707070009_1.jpg

0707070011_1.jpg

 カスタムフェアに行ってきました。今年の目的は「ブーツ新調」。ブーツの寿命はゆるみとか気になり始めたらと言われていたのですが、今年の3月くらいから気になるようになってしまいました。
 さてブーツ新調の前に今年の板のラインナップは?なんて見ているとクラブ員のみなさんがあちらこちらに。帽子をかぶって変装?しているのは大友さんか?家族で来ているのは大蔵さんか?何か買う予定がなくても結構来ていました。明日も11時半から抽選会などのイベントがあります。特に買う予定が無くても、サプリメントを試食してみたり、マッサージマシンを使ってみたり、結構楽しめました。
 松本アルペンでも、フェアをやっています。こちらではスキー診断をやっています。機械の上でブーツを履いてスクワットするだけなんだけど、僕の癖はずばり見抜かれました。
 どちらも明日までなので、行ってない人は急げ!
20070706.jpg
 古代スパルタを描いたもの、スパルタでは体の弱そうな男の子は生まれてすぐ山に捨ててしまい、残された男もかなり軍事教育をつみ立派な戦死として町を守るような仕組みがとられていたらしい。すさまじい・・。
 ギリシャにペルシャが押し寄せてきてスパルタまできたのだが、当然スパルタは明け渡しなどに応じず戦うことに、近くの町から手伝おうかと言う誘いに対し、スパルタの長が近くの待ちの兵士に
「おまえの職業はなんだ?」
「鍛冶屋です」
「陶芸師です」
そしてスパルタの兵に聞くと
「戦士です」「戦士です」「戦士です」「戦士です」
だから手助けは必要ないと言っていた。たしかに俄仕込み戦士と元から戦士は違うだろうなあ。
戦いは、100万のペルシャ軍に対して正面からではなく細い谷だけで戦うことをスパルタは選び、次から次へ襲ってくるペルシャ軍を倒していく。このあたりの映像が迫力があってよい。
 このままでは映画にならない。ある時ふとした事からスパルタの指揮官の息子が殺されてしまう。さらに、スパルタ軍に入れてもらえなかった人の裏切りがあり、後方から攻撃を受けるようになってしまってからはあんなに強かったと言う面影なしに、やられてしまう。ここも冷静に対処すれば、絶対勝てたのにと思うが、そこが映画、ある状態が長続きすることなく、あっさり終焉を迎えてしまった。
 途中、軍に派兵するかどうかスパルタの議会で決めているが、ここで30台前後の青年が出てくる。スパルタでは生まれてすぐ戦死になることがも止められるのに、この人はどうやって戦士ではなく、議員になったんだろう?この人の生い立ちを知りたいと思ったのは僕だけでないだろう。

シェル 

2007年07月05日(木)

 いつもは豊科のセルフガソリンスタンド「JOMO」で給油するのだが、最近訳あって、「シェル」で給油しています。
 給油したときに燃費を計算するのですが、シェルで入れるようになって2回連続燃費が上がった。長距離運転したわけではない。特に燃費に気を付けた運転はしていないのだが。。。ガソリンが高騰しているときに燃費がよいのはかなり嬉しい。。
 良く安いガソリンには水が入ってんじゃねえの?とか言われるが、水と油は基本的に混ざり合わないのでそんなことはないだろう。後はオクタン価が高い。つまりシェルはレギュラーでもハイオクに近いってことかな?
 ちょっと値段は高いが次回もシェルで入れてみよう。

いつものお昼 

2007年07月03日(火)

 平日のお昼は数社の弁当屋が会社まで配達してくれるので、それを食べています。
 会社に入って始めの頃食べていたのが「なかや」。先輩から一番無難だ、と言われて食べていた気がします。ところがみるみるうちに内容が寂しくなってきて、鶏の唐揚げ2個と漬け物3種類とご飯だけになったときにはさすがに別の弁当屋に変更しました。人気が無くなり注文数が5個以下になると弁当屋は撤退していきます。数個のために運んだんじゃ割が合わないし・・。なんだかんだで僕は今まで6社くらいを渡り歩いています。
 いつもおかずは揚げ物だけだった「ピアライブ」。注文者が1人になっても2ヶ月頑張ってました。
 「わくわくランチ」。固形燃料とセットでその場で温めて食べる「ラーメン」「鍋」がありました。温まる頃にはお昼休みが終わりそうになってました。
 「ハローランチ」。開幕したときには食べきれないほどおかずがあった。そして水曜日はおまけも。そんなおまけもいつの間にか消えて、弁当屋もやめてしまったらしい。
 そんな弁当屋の戦いが行われています。最近また一社参入し、熱い戦いが行われています。新規参加したところは、ご飯を別に保温器の中に入れてくるのでほっかほか。それを見たのか今まであった弁当屋も同じように保温器を使うように。価格はご飯の量で違い360-400円。両者互角。今まで新規参入があると既存の所はあっという間に負けていたのに、今回はかなり頑張りそうです。
 ですが、弁当頼んでいる人って50人程度。それを3社で取り合っているので、多くても20人強。少ないところは10人以下。そして1つ380円くらい。運ぶ手間賃を含めて、採算合うのか?とちょっと心配になってしまった。
 でも、いろんな弁当屋で競争してもらうのは良いことで、以前のように、
「豚肉に火が通って無くて真っ赤だった」
「明らかに周りと比べておかずが少ないものがあった」
「あたった」
と言うことが良くあったのだが、最近の弁当屋はなくなっています。いいことだ。

あおぞらタクシー 

2007年07月02日(月)

 最近タクシーの基本料金が値上げされ、さらに使いにくくなっています。松本市に飲みに行っても必ず、電車で帰るようにしないと。勢いで飲んでしまって終電に乗り遅れると高いタクシー代を払うことになってしまいます。電車で帰ればもう一度飲みに行けるそうな金額です。
 数ヶ月前から会社で話題になっている「あおぞらタクシー」。なんと言っても安いらしい。そんな話しを夏スキーの時に話していたらS君も知っていました。僕はまだ乗ったことがないので噂しか知りませんが、まずメーターを倒さない。基本料金もあるんだか無いんだか。だけど半額近くらしい。
 ところが、当然タクシー組合に入っていないため、駅前のタクシー乗り場などには入れないらしい。なので運良く流しをつかまえるしかないようです。一度乗ると名刺みたいな物がもらえ、そこに携帯が書いてあるので次回は乗りやすいそうだが・・・。
 あおぞらタクシーの連絡先を知っている人教えてくだされ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。