スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

シャトルバス 

2006年02月28日(火)


 五竜のHPを見ていると、首都圏からスキー場へのシャトルバスが充実していることが分かります。
 東京からだと往復4700円だけです。あずさと比べるとかなり破格です。私もよく使う松本新宿高速バスは往復5900円。これよりも安い。しかもこのバス、白馬コルチナまで行っているようです。そして、出発地も東京、名古屋、大阪までは予想できますが、な・な・なんと「広島」「高知」からも出ています。前日の夜8時前に出て五竜につくのが朝7時前。なかなかハードです。が往復12000円弱。安い。
 冬だけじゃなく、夏も運行してくれないかな?ついでに豊科ICも停まってくれるとかなり嬉しいのですが。広島風お好み焼きや讃岐うどん食べに行きたいなあ。
 ついでに、昨年から運行している松本五竜シャトルバス。おおっ、と思ったんだけど時間が微妙。もう一本早い時間に出してくれると絶体バスを使っていくのに。寝て行き帰りができるのっていいよね。

スポンサーサイト

おこじょ 

2006年02月27日(月)


 オコジョを知っていますか?
見たことはなくても、知っている人は多いと思います。そんなオコジョを五竜スキー場で見た人もいるようです。
 オコジョはそのかわいい風貌から性格もかなりかわいいと思われているようです。そんな話をつい先日ゴンドラ内でしていました。私個人的にはたぶんイタチの仲間だから肉食と思っていたのですが、一緒にゴンドラに乗った人から全否定をもらってしまったために、ちょっと調査をしてみました。
 すると、「ネコ目/イタチ科/オコジョ属」でやはりイタチの仲間のようです。そして注目の食生活ですが・・・。やっぱり肉食。「ネズミや昆虫、時には自分よりも大きなウサギも襲うことがある」。なので性格はどう猛なようです。しかし、近眼なのと人にあまり接する機会がないため人に対しての警戒心が無く、好奇心旺盛なので人の近くに来てかわいらしく思える仕草をするらしいです。
 人も見た目で判断してはいけませんが、動物も見た目で判断してはいけませんぞ。


 朝5時に雨の音で目が覚めました。やはり天気予報通り雨でした。と思ったらふと目が覚めた朝8時。雪が積もってる。しかし、一度下がってしまったテンションは上がらず、布団に戻ってしまいました。
 たまには休んでいろんな用事でも済ませますか。と思って休んでいたのですが、今日もしっかり自主研修が開催されたようです。部員も数名集まり、雨を吹き飛ばす勢いで猛練習を積んだようです。
 よーし。来週は今日を取り戻すくらい滑ってやるぞ。

自主研修 天気:かなり快晴 

2006年02月25日(土)


 朝はよく冷えていましたが、9時にはアルプス平の雪もザラメ状になってきました。お昼には下界に下ると気温はぐんぐん上昇し、お昼のデザートに村営新メニュー「手作りブルーベリーアイス」を食べた人も多かったようです。
 いままで締まった雪での研修が多かったので、今日のザラメ状の雪とどこを滑っても不整地な斜面で打ち砕かれた人もいたかもしれません(僕は打ち砕かれました)。
 このような雪では板にしっかり乗っていくことが重要になります。練習になりますが、やはり疲れますね。

青木湖スキー場 

2006年02月24日(金)


 五竜の手前にある「青木湖スキー場」。数年前まで私のホームゲレンデでした。なんといっても混まない。10時についても駐車場は最前列。木に囲まれているので、吹雪くことが無く暖かい。鹿島や佐野坂に行ってもすぐ帰ってこれる。など特典たくさんのスキー場です。
 最近FMで青木湖スキー場のCMを聞くのですが、「3500Mのロングコース」。そんなコースってあったっけ?早速調べてみました。
http://www.aokiko.net/course-guide.html
確かにロングコースがあった。でもあのコースは・・・。狭すぎてボーゲンがかなり難しいコースだったような・・・。
ついでに五竜は最長5000M。47は3800M。
 スキー場を選ぶのに
1,営業時間
2,最長距離
3,リフト数
4,一日券代
この4点に注目するらしい。
営業時間が長くても、体力がそこまで持たないような・・・。

痛風 

2006年02月23日(木)


 突然ですが、今日は痛風の話題。体協の中になぜだか尿酸値が高くなってしまうT君のためにこの話題。痛風がどんな病気なのかはみなさん調べてくだされ。ここで書くと長くなってしまうのでやめておきますね。
 ぜいたく病ともいわれているのですが、実は運動のやり過ぎでもなるらしい。下記のニュースの通りです。
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/medi/renai/20060223ik01.htm
運動することは健康によいと言われていますが、限度を超えると良くないようですね。お昼の番組でみのさんがこれがいいというとその日のスーパーからその食材が消えるといわれていますが、これも食べ過ぎは良くないようです。知り合いでニンニクを1週間食べ続けて胃を壊した人がいます。
 みなさん、何でもほどほどに・・・。

ワックス 

2006年02月22日(水)


 暖かいですね。
先週末も午後になると雪がザラメになってしまいました。今までワックスはブルー(-12℃~-6℃用)を使っていたのですが、そろそろピンク(-4℃~1℃用)に変更しなければ・・・。
 適切なワックスを選択することは滑走性を上げるためには重要です。特に私の場合には雪が引っかかると腰痛になりやすくなるのでワックスはできるだけかけるようにしています。
 ホットワックスもかけ始めて2年目になり、多少一人前にかけられるようになってきました。チューンナップをかけた後のスキーショップのものに比べると使っている道具の違いもあるかもしれませんが、まだまだ修行が足らないようです。
 毎回思うのですが、一度かけたら2-3ヶ月持つワックスってないのかな?

練習成果 

2006年02月21日(火)


みなさん講習中にいろんなバリエーションの練習を行っていると思います。
その練習を行ってしっかりできるもの、いまいちできないものまたその意味が分かるもの、分からないものいろいろあると思います。
私は3年前にある練習を行い、それからずーっとそれを心がけて滑ってきました。「そうするんだ!」と言われてずーっと行っていたのですが、1月合宿の講習が終わってフリーで滑っているときに「あっ」とその効果を体感することができました。3年経ってあの練習の意味はこれなんだと初めて感じました(教えてくださった皆様方、物分かりが遅くて申し訳ありません)。具体的には言えませんが、その効果がいまいち分からず行っているものが実はたくさんあります。また、そういうものは忘れがちになるのでよく注意されます。
みなさんもそういうものがありませんか?僕みたいに忘れることなくしっかり身につけて滑ってくださいね。たとえ、効果がすぐでなくてもあきらめないことです。僕はよく言われます、「一回でできればデモンストレーターになれる」。シーズン中、上手く行かなくてくじけそうになることも多いと思います。お茶をしたり、かっとんで見たり気分転換をしながら、がんばりましょう。

男子大回転 

2006年02月20日(月)


 オリンピック見てますか?
今佐々木明さんも出る男子大回転を見ています。今回のコースは難易度がかなり高いらしいのか第2グループになってから転倒者続出。うーん。ここまで転倒が多いとなんかつまらん。ぎりぎりで攻めるのはよいのだが、見たいものが見れない。
 モーグルの時にははずれない板に驚きましたが、今回はさすがにはずれるようで・・・。しかも、ビンディングと板がはずれることがあるなんて・・・。いろんな事がありますね。
 それにしても、アルペンのコース堅そうですね。
「ガリガリガリガリ」
 今の僕の板だとすてーんと転びそうです。


 天気予報通りの快晴。しかも9時にはかなり暖かくなってきました。今日も多くの部員が集まり、検定会を前に燃えている班。快晴の中をばんばん滑る班など分かれ講習を行いました。
 午後から暑さを避けるようにアルプス平に上がりましたが、ここも意外と暑い。朝放射冷却で厚着していたのがここで裏目に出て暑さに耐えながらになってしまいました。雪も今シーズン初めてザラメ状になってきてしまいました。ふう、春の訪れでしょうか。もう一度冷えてくれ。

自主研修 天気:かなり快晴 

2006年02月18日(土)


 快晴です。朝は放射冷却のためか寒かったのですが、午後近くらからは暑すぎずもなく寒すぎずもなく。昨日まではかなりのアイスバーンで大変だったようですが、今日は若干ゆるんで堅いものの快調なゲレンデになりました。
朝バビューンと滑った後は、午後から班分けして練習を行いました。先週のいつからか分かりませんが、ペアパラのコースのど真ん中に3連のウェーブが作られています。これが、スカイフォーのできているものより間隔が狭くて、びっくりです。と思っていたらけが人が出ている模様でした。みなさん気をつけましょうね。

たまにはバビューンと 

2006年02月17日(金)


 練習も重要ですが、やっぱりスキーそのものを楽しむことも必要ですよね。たまにはバビューンと滑りませんか?
 僕がそれをやるのが朝のアルプス平。人も少なくて、キレイに圧雪されて天気がよいときた日にはバビューンと。普通に楽しむというよりは限界ぎりぎりのところで必死に滑るって感じですが、これが楽しくてたまらない。しかも、練習が少しずつ効いてきたのか始めの頃は怖かった斜面が、緩斜面に見えてきたり、スピードをもっと出せるようになったりしてきました。
 講習中など緩斜面ではいろんな事に気をつけながら滑れますが、急斜面ではそんなこと考えている暇なく、ほんとに身に付いているものしかできなくなります。
 みなさんもスキー自体を楽しむために又練習の成果を試すため朝一アルプス平を滑りませんか?

男子モーグル 

2006年02月16日(木)


 トリノオリンピック見てますか?
睡眠不足の方も多いようですが、私は夜に弱くて結局朝のニュースで見ることが多くなっています。
 先日男子モーグルを見ました。ソルトレイクオリンピックなどと比較し今回は若干斜度が緩やかなためか、人間離れしたターンを見れることが少なかった反面、エアー技術の向上に驚いてしまいました。初めてモーグルがオリンピック種目になったとき(何オリンピックか忘れました)、ヘリコプター(横に一回転回る技)が大技でした。そんな技も今では五竜のモーグラーの中でも行う人がいたり、今回は720(二回転)が普通になっていました。次回のオリンピックはどうなってしまうんだろう。
 また、バランスを崩しても板は絶対はずれないんですよね。解放値はいくつになっているんだろう?

三寒四温 

2006年02月15日(水)


 雨ですね。最近冷え込みが弱くなってきた気がします。平日は暖かい方が嬉しいのですが、スキー場の雪がゆるんでしまうのが悲しい。春の訪れの証でしょうか。
 「三寒四温」という言葉があります。3日寒い日があって、その後4日暖かい日が3月上旬あたりから続き、春に近づいていくということです。
ーーーーーーーーーーネットよりーーーーーーーーーーーーーー
冬に大陸に発達するシベリア高気圧の勢力がおおよそ七日周期で変化することによるものです。シベリア高気圧の勢力が強い時にはそれだけ寒冷な空気が流れ出てくるので寒さが厳しくなります。また勢力が弱くなると、冷気の流れ出る量が少なくなるので寒さがゆるみ暖かくなるのです。移動性高気圧が通過すると気温が昇り、次の日には低気圧が通り雨となり、三日目は天気があがり、強い西風が吹き気温が下がり、四日目には移動性高気圧が近づき風が弱くなりしだいに気温が上がる、というぐあいです。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
何とか雨が平日で休日は晴れて欲しいものです。

 どうしたモニー 

2006年02月14日(火)


 飯森に住んでいる?犬モニー。先日おとなしい犬と紹介しました。お茶タイムのついでに挨拶でも。その前に吠えられた人がいたので、ここいらで正しい犬との接し方を見せてやると思い、近づきました。
 じっとこちらを見るモニー。すると、ちょっとだけ歯が見えました。おっ、モニー笑って歓迎モードだ!うん?犬が笑うか?と思った次の瞬間「ワン。ワン。ワン」本気で吠えられました。すかさず後ずさり。機嫌が悪いらしい。犬も生き物、そんな日もあるでしょう。でも、そのおかげでちょっと近づき難くなってしまいました。しばらく時間をおいて再チャレンジ。
 噛まれるかもしれないので、みなさんは無理しないように。

トリノオリンピック 

2006年02月13日(月)


 女子モーグル 上村愛子 4位。惜しい、残念。
ミスはなかったように見えるのに、上位がかなり良かったらしい。ニュースで見た僕はその上位を見ることが結局できずに終わりました。
 今回の映像で上から映したものがありました。見て思ったのは腰の下から板がはずれないこと。当たり前のことなんですが、腰の下で板が動き続けているんです。そして、横からの映像では板のトップとテールが上下にコブをなめるように動くんです。詳しくは忘れましたが、滑っているコースは平均斜度が30度弱の急斜面。そしてあのコブ。おぬしなかなかやるなあ。
 同じ人間だから同じように滑れるだろうと、コブでは大変なので整地でやってみたのですが、僕にはまだまだ修行が必要なようです。

自主研修 天気:曇りのち雪  

2006年02月12日(日)


 寒かった。夜から今朝にかけて30センチ程度は降った様子で、ゲレンデは昨日より滑りやすくなりました。しかし、太陽が出ることがほとんど無く気温は低いままでした。
 しかし、班によってはかなり気合いを入れて滑ったらしく午後だけでゴンドラを3回乗った所もあったようです。天気が悪い方が黙々と練習できて僕は結構好きなんですが・・・。天気がよいとどうしてもバビューンと滑りたくなってしまって。
 今日も私のHPではなく、公開用HPを見て体験入部した人が来ました。少しずつではありますが、徐々に増えて賑やかで楽しくなるのはいいものですね。
 来週日曜日は「市民スキー教室」。ぐっと部員が増えるといいな。

自主研修 天気:曇りのち雪 

2006年02月11日(土)


 昨日までのアイスバーンに新雪が積もり、板に張り付くような妙な雪でした。朝一番で新雪に入ってみたのですが、50センチ下はアイスバーンという状態で個人的にはかなり悪戦苦闘しながら滑りました。まだまだ滑りに練習が必要です。
 土曜日が祝日のためかいつもよりゲレンデには人が多めでした。リフト待ちができるほどではなかったのですが、こんなに人が多いのは久しぶりでした。
 今日はついに指導員デビューをしました。練習の内容を計画するのも大変でかなりちぐはぐしてしまいました。見本での滑りも今まで受けた検定より緊張しました。これに注意しながらと言った手前、きっちり滑らないとと思うと気が抜けませんでした。半日だったのですが、5日分滑ったくらい疲れました。

帽子 

2006年02月09日(木)


 ウェアの一部になっている帽子。普通の帽子からニット帽までみなさんかぶってますね。私は3月くらいまではニット帽。4月になって暖かくなると普通の帽子をかぶっています。
 昨年までのこだわりは、中にフリースが付いているもの。しかも頭全体。ついていると風が吹き抜けなくて結構暖かいんです。
 しかし、大寒波中の1月合宿志賀高原で少しだけ出ている耳たぶが凍傷になってしまいました。そのおかげで合宿が終わった次の日から耳の皮がむけ始めました。これではいかんと昨年試着して似合わなかった「おさげ付き帽子?」を買いました。
 これで万全だと思っていたのですが、滑り始めたら耳当てにあたる部分が風で持ち上がってしまいました。うーん。意味なし。おさげ付き帽子にもいろいろあるみたいでしっかり試着しないといけないようです。次の帽子は完璧なものを・・・。

ニューウェアー 

2006年02月08日(水)


 クラブウェアも今年で4シーズンを迎えています。さすがにへたってきて、防水が弱くなったり、寒くなってきていると思います。
「来シーズンはニューウェアで」計画が進んでいます。3月合宿の時には詳細がある程度明らかにされる予定です。また今までの、ウェアと同じように下が黒、上は黄色は変わらない予定です。そろそろウェアーを買い換えようかなと思っている方、しばらくお待ちください。
 前回ウェアが替わったときに軽くて暖かいことに驚きました。特に背中のポケットはネックウォーマーを入れたり大活躍です。最新のウェアはどうなっているのでしょう?かなり期待しています。

試乗会 

2006年02月07日(火)


試乗会の情報が諜報部員から届きました。

-----------------------------
今シーズンもスポーツデポ、アルペン主催のニューモデル試乗会が開催されます。
詳細は以下のとおりです。
《場所》 白馬五竜とおみスキー場 とおみゲレンデ
《日程》 2月25日(土)~26日(日)
《時間》 9:00 ~ 15:00
私にはDMが来ましたが、DMのない人は予約が必要となります。
私に連絡いただければ、まとめて予約を取ろうと思います。
参加の日程を知らせてください。
なお、参加には免許証等の身分証明書が必要になります。
ちなみに参加ブランドは
Hart OGASAKA ATOMIC SALOMON
elan FISCHER K2 DYNASTAR
HEAD Volkl NORDICA ROSSIGNOL
の12ブランド、124モデル、150本。だそうです。

18日(土)あたりまでに
渡辺 勤(E-mail:watanabe2818@yahoo.co.jp)
まで連絡してください。

-----------------------------
150本は多いですね。全ては履けそうにないですね。来年購入予定の方は是非!また、普段履けない板。例えば競技用の板、男性の方はレディースモデルなどそんな板を履いてみるのも楽しいですよ。

プロモーションスライド 

2006年02月06日(月)


 合宿で上映した「体協紹介スライド」をHP上にアップしました。是非ご覧ください。なかなかの力作です。
 昨日までは写真のみだったのですが、やはり合宿と同様音楽付きにしました。無理矢理スライドショーと音楽をつけていますが、合宿並みの出来栄えだと自負しています。
 後学のためにもこのようなスライドショーの良い方法を知っている方教えてください。
 今日は疲れた・・・。

2月合宿 

2006年02月05日(日)


 2年ぶりに「栂池高原」を滑りました。1日目は1月合宿の再来か?と思わせるような雪模様。2日目、朝は雪模様だったもののぐんぐん回復し、快晴になりました。やったー。
 今回の合宿は「がんがん滑ろう」を合い言葉に宿もゲレンデに近く、ちょっとリッチな「ベルハート」に泊まりました。今までになかった環境でおいしく、楽しく過ごせました。たまにはこういうところも良いかも・・・。最終日解散後も滑った人がいたようです。
 個人的には今回の合宿で得るものがたくさんありました。すでに週末が楽しみです。

てじなーにゃ! 

2006年02月03日(金)


 車の中でFMを聞いているとなにやらある歌グループがゲストで来た模様。そして、ゲストが最近手品にこっているようで早速披露していました。
ゲスト:「さてこのコインが・・・・。」
 (さっ、さっ、さっ)
ゲスト:「きえました!」
DJ :「すげー。ほんとに消えた!」
    「・・・・」
ラジオで手品はさっぱり分からん。かなり企画倒れ。

明日は合宿、そこそこの雪模様でありますように。

野沢菜 

2006年02月02日(木)


 長野県のお土産ランキングで上位を占めるものに野沢菜漬けがあります。いいもりのレストハウスではお変わり自由でたまにニンニク炒め?もいただくことができます。
 この野沢菜ですが、つい最近、長野では「お茶うけ」として出されることを知りました。えっ。お茶にはお菓子じゃないの?
 良く話を聞くと野沢菜に対して考え方が違うらしい。県外出身者の私にとって野沢菜もたくあんと同じ漬け物の一種です。なのでご飯の時にあるのは普通ですが、お茶を飲むときにたくあんを食べないのと同じように野沢菜が出ることに違和感を感じてしまいます。野沢菜は長野にとって漬け物を越えた存在なんだと知りました。
 同じようなものに「らっきょ」があります。私の実家ではちょっとした産地なので、食卓には常にらっきょがありました。これが普通だと思っていたら、最近カレーを食べるとき以外食べないなあと言われてしまいました。そのためかスーパーに行っても種類が意外と少ない。わたしは少ないながらも、年に数回、無性に食べたくなり買ってしまいます。おいしいのになあ。

筋状の雲 

2006年02月01日(水)


 「筋状の雲」を知っていますか?聞いたことはありますよね。日本の冬に日本海側に見られる雲の形ですね。温かい水(日本海)の上に冷たい風(寒気団)が吹くと発生します。お湯とドライアイスで実験できるそうです。なぜこんな形にと思い調べてみました。「ベナール型対流」まで行き着いたのですが、ここからが難しく、結局風向きと平行に筋ができるんだと無理矢理納得しました。調べているときに冬の気候について知ることができました。
1,離岸距離
 大陸から筋状の雲間での間が狭いほど寒気が強く大雪が降るらしい。
2,新潟が大雪
 筋状の雲の一筋一筋を見たときに一番長い筋は新潟あたりにできる。日本海を一番長くのびる雲なのでたっぷりと水蒸気を吸って、高い水上山系にあたりどーんと降るらしい。ただし、新潟市は佐渡島が北西にあるので若干雪が少ないらしい。(TBSの気象予報士:森田さん情報)
3,日本海を北上
 冬に日本海を北上すると筋状の雲の影響で晴れ、雪、晴れと天気が変わっていくらしい。(気象予報士:石原良純さん情報)
4,上空1500,5000Mの気温
 天気予報で雪が降る目安などで良く出てきますね。これもどうやって測るのか不思議だったので調べてみました。なんと、気球を上げて実測しているようです。しかも日本時間の朝9時と夜21時に全世界であげられ、GPSなどを使って追跡しながら行われるらしい。すげ。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。