スキー日記

スキーのことや日々のことをつれづれなるままに・・・

スポンサーサイト 

--年--月--日(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ → スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |

モニー 

2006年01月31日(火)


 いいもりレストハウス前に最近犬がいることをご存じか?名前はなんと言うんだろうと思っていたら先日発見しました。
 その名は「モニー」。しかも写真では見づらいですが五竜のシーズン券を購入しています。
 おとなしい犬で、そばによっても顔を動かすものの全く動きません。と思っていたら、食べ物を持った人が近づくといきなり動き始めておねだり攻撃。やはり食べ物には勝てないか。

スポンサーサイト

救援費用 

2006年01月30日(月)


 スキー場にある写真の掲示を見たことがあるかな?この料金表はスキースクールのものでもなく、体験試乗でもありません。
 滑走禁止エリアに入って遭難したときの捜索費用の料金表です。年末に47で遭難がありましたが、最近多くなっているようです。五竜でも禁止エリアを滑っている跡をよく見ます。これらを注意する張り紙は至る所にありますが、少なくならないようです。後先考えずに禁止エリアを滑る事でどれだけの迷惑がかかることか。
 ニュースなどで助かった人が良く言う言葉は「知らないうちにコース外に出てしまった」。実際そんなことがあるのか毎回疑問に思っています。まあ、助かった人は二度とそのようなことをしないと思いますが。
 コース内の新雪にはまって窒息しそうになったり、板を無くしそうになったりした私はとても行く気にはなれませんが・・。たとえ、新雪に行ける人でも他の人に迷惑をかけるのだけはやめましょうね。

自主研修 天気:かなり快晴 

2006年01月29日(日)


 天気予報通りの快晴になりました。朝は放射冷却現象のため駐車場で-13℃しかなく、ゲレンデはさらに冷え込んでいたと思います。集合時間までかなり寒かったです。
 今年は自主研修の参加者が多い。今日も30名近くの部員と新入部員(1)、そして体験入部者(1)が集まりました。
 今日は村営がお休みのため、久々に他の食堂へと各班入っていきました。いつもの食事が楽しめないのは悲しいですが、村営にない昼食を楽しむのもなかなかいいものです。
 午後は暑さを避けてアルプス平に上がった班が多かったようです。風も少なく、午後になると雲が出て急に冷え込んだりするのですが、今日はそれも無し。かなり十分に滑れたと思います。そのためか講習が終わった後、すぐ帰った人が多かったような気が・・・。

自主研修 天気:快晴 

2006年01月28日(土)


 天気予報がまたまたはずれました。かなり寒かったですが、風が午後から次第に弱くなると逆に暖かくなり、また2時を過ぎると冷えたそんな一日でした。
 先週に負けじと多くのクラブ員が集まりました。よく締まった雪で各班ともしっかり練習ができたことだと思います。
 明日も全国的に晴れ。良いスキー日和になりそうですね。

佐々木 明さん おめでたう 

2006年01月26日(木)


 ニュースを見ました?
「佐々木 明 ワールドカップ男子SL第7戦オーストリア・シュラドミング大会、表彰台2位!!」
 すごーい。オリンピックもかなり注目されますね。と言うことは当然テレビ中継もあるって事かな。
 僕がスキーを始めた頃は夜になるとアルペンのワールドカップの中継をしていました。そのころは人が滑っているのを見てもおもしろくなかったのですが、今見れば何かしらの参考になるかななんて思ってますが、必要になったときにはないものです。ニュースで一瞬だけ写ったのですが、なめらかな滑りですね。見ている以上に早く斜面も急だと思いますが・・・。
 今一度アルペンの中継してくれないかな?と思う今日この頃です。

練習方法 

2006年01月25日(水)


 スキーの練習方法にはいろいろあります。今日はその中のひとつを紹介したいと思います。
講習などでいろいろアドバイスをもらっても上手くできない事って良くありますよね。一度聞いてすぐできるならみんなデモになってると言いますが、それでも早く上手くなりたいものですね。
 その中でも、どうしてもと言うものありませんか?
・内側の手でスキーを押さえるんだ → どの辺をどんな感じに押さえるんだ?
・ストックを出すタイミングが遅い → いつ出すんだ?
・ニュートラルをとって → いつ、どのようにするんだ?
・落差がない → どのくらいとればいいんだ?
などなど。
 そんなときに僕がお勧めするのは「人の後をついて滑ること」。一緒に滑りながら実際に間近で見てみる。また、その動きをまねてみる。意外とわかりやすいときがあります。聞いてだめならってところでしょうか。
 何度か僕もやっていますが、後ろにつくことを断った人はいませんでした(皆さんありがとう)。逆に、どのくらいのスピードで滑ればいいか、何に悩んでるか聞いたりしてもらえました。なので、上手すぎてついて行けなくて分からない事は少なかったと思います。一回目にスピードについて行けなくても、二回目はその辺を考慮してスピードダウンして滑ってくれました。(時々いたずらで思いっきり滑られたこともありましたが)
 どうしても恥ずかしくて、お願いできない人はこっそりついていく方法もあります。ですが、スピードについて行けなかったり、止まるときにぶつかる危険もあり、やはり一声かけるのがよいかと思います。(と言いつつ結構僕はこっそりついて行ってます)
 これをやればかならず全てできるようになるとは言えませんが、練習方法のバリエーションとしていかがでしょう?逆に後ろについてもらうというバージョンもあります。お試しあれ。

トップページ 

2006年01月24日(火)


 知っている人もすでに多いかもしれませんが、HPのトップ写真はアクセスする度にランダムに変わります。トップページの写真は8枚あります。スキーに一回行くたびに3-4枚程度換えることにしています。
 ですが運悪く、全く変わらない人もいるかもしれません。そんなときは、更新ボタン(F5)を押しまくってください。私の経験から言うと30回くらい更新するとすべて見れるようです。
 なので、たとえHPを見たときトップページがいつか見たことのある写真であっても内容が更新されているときがあります。そんなときは画面左上の更新日を見て確認してください。
 ちなみにトップページに使っている写真は「スキー部アルバム」の中に必ずあります。

サンピラー現象 

2006年01月23日(月)


 写真は1月22日に五竜スキー場で撮影したものです。ポルダーガイスト現象やカメラが壊れたわけではありません。
 サンピラー、太陽柱とも呼ばれている、大変珍しく、そして幻想的な自然現象です。気温がマイナス20度以下になると、大気中の水分が凍結して六角形の六角板型氷晶と呼ばれる細かな氷の粒になります。この大気に漂う氷の粒が、太陽の光を反射するときにキラキラと輝くので、別名『ダイヤモンドダスト』とも呼ばれています。ダイヤモンドダストはそのままでは、ただキラキラと輝いているだけですが、
1、気温がマイナス20度前後
2、川霧が発生
3、風がない
4、寒すぎない
5、晴天
という条件が揃うと太陽の光を規則正しく反射するため、まるで光の塔のような輝きが空中に現れます。これだけ条件がそろわないと現れないらしく、かなり珍しい現象のようです。五竜に通うようになって数年、始めてみました。
 しかし、2週間前志賀高原でも同じような現象を見ることができました。非常にラッキーだったと思うとともに、マイナス20℃近くもあったんだ、さむーい。寒さはまだまだ続きそうなので、もしかしたらまた見れるかも・・・。

スキー教室  天気:快晴 

2006年01月22日(日)


2日連続の快調ゲレンデでした。天気予報が2日連続はずれました。
 昨日から少し雪が降ったゲレンデは少しだけ柔らかくなり、気温は低いものの太陽が出ているので少し暖かく、絶好のスキー日和になりました。
 スキー教室への新たな参加者は日程が合わない人が多く、いませんでしたが、30人程度のクラブ員が集まりました。合宿をのぞいては今シーズン一番多い講習になりました。
 午前中は大回り中心に講習を行い、気持ちよく滑りながらもしっかりしたターンになるよう練習を行いました。
 今日は滑りすぎて皆さんかなり疲れたようで、1時過ぎのお茶タイムの時には笑顔が無くなっている人もいました。
 ゆっくり体を休めてまた次回に備えましょう。

快調  天気:快晴 

2006年01月21日(土)


 天気予報は雪だったのに、な・な・なんと快晴です。よく冷えて、雪も良く締まり絶好のバーンになりました。今シーズン初めてアルプス平で大回りができました。ちょっと練習も忘れ思いっきり滑りました。久々の絶好調バーンすぎたのかかなりスピードが出ました。雪崩でクローズになっていたアドベンチャーはオープン。チャンピオンエキスパートも圧雪車が入りオープンもあとわずかと言うところでしょうか。
 練習もこの好調バーンなので大回りを中心とした練習を行いました。今日はかなり雪に助けられてしまいました。これではいけない・・・。しっかり復習しながら明日も滑りたいと思います。
 明日は「スキー教室」今日のような天気が続いてくれることを願ってます。

全面輸入禁止 

2006年01月20日(金)


 焼肉好きの私にとって待ちに待ったアメリカ産牛肉が輸入開始されたと思ったら、脊柱が混入していたらしくまた禁止になってしまいました。
 アメリカ産とオーストラリア産はちょっと味が違っていて焼き肉屋から足が遠のいていました。又、焼肉食べまくるぞと思っていたのに・・・(T_T)。
 でも、今回の検査が甘い輸入体制には大反対で、たとえ店頭に並んでも買うつもりはありませんでした。日本国内はきちんと検査しているので輸入品に対しても同じレベルの検査をして欲しいものです。
 そんなことはさておき、今週末も天気予報は雪になってしまいました。実は今シーズン晴れで滑ったのはたった3日。平日は天気が良かったのに、運が悪いのか今週も雪が降りそうですね。でも、天気が悪いほど練習びより。天気が良いと気持ちよさで頭がいっぱいになってしまって、練習に打ち込めないから。晴れた日によりよく滑れるように、天気が悪い日は積極的に練習するのが一番!

残念 

2006年01月19日(木)


 五竜HPで行われている「写真を応募してリフト一日券プレゼントキャンペーン」を知っていますか?
 昨年から始まり、今まで2回採用されました。リフト券が欲しいわけではなく、ただHPに載りたいが為応募し続けています。
 今年もすでに数回応募していますが、あまり天気の良いときの写真がないのか採用がされません。本日もその写真決定日であり、帰ってからすぐHPを確認しました。採用された写真の一部はトップページに出るのですが、若干変わった程度でした。ここには載らなくても写真のコーナーにはと思ってみましたが、私が応募したものは採用されてませんでした。残念(T_T)。
 しかしちょっと納得いかないことが・・・。通常6枚程度採用されるものが今回は1枚。しかも理由があって
「御めがねにかなう作品はなかなかなかったのじゃ。もっとみんながんばりなされ。」
なんだこの御めがねにかなう作品とは?どんな写真が良いとはどこにも書いてないぞ!そんな横柄な態度が許されるのだろうか。前回は同じ人の写真が2枚採用されたり、少ないからもっと送ってこいと言っておきながら、今回は1枚。応募している人に対して失礼ではないだろうか。たとえHPの作成者の意向に沿った写真がなかったとしても、社会通念上公開しても差し支えない写真ならば、採用すべきでないだろうか。
 ちょっと大人げないかもしれないが、思ったことを書いてみました。

ピステ 

2006年01月18日(水)


「ピステ」と言う言葉を聞いたことがありますか?ほとんどの方が何かしらの時に聞いたことがあると思います。
 調べてみるとこれはドイツ語で「斜面」の意味らしい。さらにドイツ語のスキー用語では「整備されたコース」のことらしい。なので「オフピステ」は整備されていないコース。非圧雪のコースと言う意味になるらしい。ちなみにゲレンデとは自然な地形を意味し、日本では整備されたコースを指してゲレンデというらしい。
 ん?時々圧雪してあることを「ピステがかかっている」と言ったりしてませんか?これはちょっとおかしいのか?
 この先は調査が及ばなかったので私の推測ですが、ドイツ製の圧雪車の商品名に「ピステンブ-リー」と言うものがあるらしい。これから、圧雪してあることを「ピステン」と呼び、それが混同して「ピステ」だけになったのではないかと思ってます。
 正しい歴史を知っている方教えてくだされ。

ちなみになぜスキー用語はドイツ語が多いのか、これは「レルヒ少佐」のせいらしい。レルヒ少佐については又後日取り上げます。

大会週間 

2006年01月17日(火)


 今回の大会週間役員派遣は志賀高原のクロスカントリー競技(通称:クロカン)で行われました。 今回体協のアイドル?Aさんに行っていただきました(お疲れ様でした)。初めての経験だったようで、感想が届きました。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
今回はマーキング係でした。内容は、選手の試合前の出席確認みたいなもので、選手のゼッケンと名前を確認し、確認できたら板にハンコを押す、という仕事でした。仕事自体は楽でしたが、動かなかったので、すごい寒かったですよ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ところでクロカンはどうだった?実際に見るとどんな感じ?と聞いたらテントの中にいたので、ほとんど見れなかったと言うことでした。私も、まだアルペンの役員しかやったことが無く、他の競技役員もやってみたいですね。特にジャンプ。
皆さんも機会があったら是非参加してみてください。

体感温度 

2006年01月16日(月)


 先日、ふとしたことから体感温度の話になりました。
よく聞くのが、「風が1m強くなると体感温度は1度下がる」。そうなんだと思った矢先、ふと変な考えが。
 例えば台風、9月に来ることを考え気温は27℃。最大瞬間風速が30m/sだったら、体感温度は30度下がるので-3度?9月なのにぶるぶる震えることになるのか?
 そんなやつはおらんやろー。
と言うことで調べてみました。言い伝えの正しくは
「風速が1mあると1度下がり、湿度が20%下がると1度下がる」だそうです。ですが、これを裏付けるデータは調べたところないようです。
調査した結果、いろんな要素(温度、湿度、風速、放射熱など)によって左右されるらしく、正しく計算できないようです。
よって「風があると寒いなあ」と言うことでいかがでしょう。


 昨日はやはり雨だったのでしょう、朝のバーンは堅めでした。きちっと整地されたバーンだったのか、今日は「小回り猛特訓」。午前中は「横滑り」。午後からは発展を行いました。見ていると横滑りは簡単そうなのに・・・。ばたんばたん転けまくってしまいました。
 しかし午後からの発展を行うと午前中の練習が効いたのかいつもより、滑りやすくなりました。これを忘れないように、忘れてしまった場合には横滑りから、練習したいと思います。
 それにしても土曜日の雨はかなりすごかったようです。チャンピオンやアドベンチャーは全層雪崩を起こしてました。チャンピオンのシーズン中滑走は難しいかもしれませんね。

 

2006年01月14日(土)


 天気予報通りの雨になってしまいました。もしかしたら雪になるかもと思ってましたが、朝起きるとアパートの駐車所の雪がすっかり溶けて無くなるほどの暖かさ。やむなく断念しました。予定もなく、体も万全なのに休んだのは数年ぶりになりました。
 先週は志賀高原で-10℃以下。今週は10℃以上。たぶん明日は0℃。皆さん風邪を引かないように気をつけましょうね。

アマチュア無線 

2006年01月12日(木)


 アマチュア無線を知っていますか?
個人的には技術的な趣味(交信技術、電子光策など)だと思っていますが、トランシーバーと思っているまた、そのように使っていることが多いと思います。
 体協ではアマチュア無線を活用しています。スキー場への行き帰りでどこが凍結している、ここは渋滞しているなどの道路情報を交換したり、運転が疲れて眠くなるのですが、それを紛らわしたりいろいろ活用されています。
 そんなの携帯でいいじゃないか。確かに携帯でも同じようなことができます。携帯の発達とともに無線を使う人が減ってきています。
 なぜ、無線を使うのか?例えば道路情報を携帯で伝えようと思うと何人にもかける必要があります。ところが無線使えば一回で終わります。また、携帯だと一対一の会話ですが、数人と会話を楽しむことができます。
 アマチュア無線を持っている人は周波数「438.74」を聞いてみませんか?また、持っていない人は免許を取得してみませんか?スキー場までの行き帰りが楽しくなりますよ。

とくとく 

2006年01月11日(水)


 塩尻体協部員であればエスカルプラザのスキーショップ(SportsX)、での買い物は1割引になることを知ってますか?実は店長さんの娘さんが部員の太田さんなのです。
 ほとんどのスキー用品がそろってるし、しかも安い。なのにさらに割り引き。これはかなりお得です。買い物の際にはネームプレートを忘れずに・・・。
 また、知っている人も多いと思いますが、飯森レストハウスでの食事も100円引きになっています。ところでこの100円引きはいくらのものまでなのか?たい焼きセット(確か450円)も100円引きなのか?誰か調査すべし。

1月合宿 

2006年01月09日(月)


 1,2日目の雪降りの天気から一転、3日目はこの上ない晴天に恵まれました。ストレスを吹き飛ばすかのごとく、焼額山を中心に滑りました。あまりにも天気がよいので通常10時半から11時には昼食にはいるのに、今回は12時近くまで滑りまくってしまいました。1,2日目にしっかり講習をした後だったので、それぞれ滑りが変わってきたと思います。
 この調子でぐんぐん上達しましょう。

板探し 

2006年01月04日(水)


 天気予報は北部大雪。と言っても最近は驚くことなく、又かという感じになってしまっています。しかし、昨日ほどの勢いはなく視界も良好でした。私は腰痛完治のために新雪アタックは控えめにしていましたが、他の皆さんは新雪を求めて滑ったようでした。
 午後になり、体も温まってきたので私も新雪アタックし始めたのですが、「体が前のめりに・・・・」と思ったら転倒、そして板がはずれてしまいました。何とか起きあがってみるとそこは一面の銀世界。まさかと思ったのですが、板が見あたらなくなってしまいました。
 皆さんに手伝ってもらって何とか探し出すことができました。その時にいた探しのプロ?(3名)からコツを聞けました。
1,板は転倒した場所の上にほとんどの場合ある
2,板を使って雪を切るように探す
など・・・。
 今シーズンはこれで終わってしまったかと思いましたが、何とか今回は見つけることができました。私から言えるコツは1人で新雪に入らない。そのくらいかな。
 最後に一緒に板探しを手伝ってくださった皆様ありがとうございました。

クラブ員講習会 

2006年01月03日(火)


 あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。
 伝達講習会で腰痛を再発してしまった私は今日まで寝正月を過ごしていました。数年ぶりに正月をスキー場以外で過ごしたのですが、テレビも見飽きて「廃人」のような生活を送っていました。これではいかんと本日から腰痛をさしおいてスキーを始めました。今日からはがしがしHPを更新しますよ。
 今日は伝達講習会並の大雪。病み上がりの私にはきつそうなゲレンデでしたが、お昼過ぎには少し落ち着き滑りやすいゲレンデになりました。

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。